シャドーアート

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

シャドーアート (Shadow Art)とは、模様や絵を重ね合わせ、立体的な絵を作る技法。シャドーボックス、ピクチャーガレージともいう。

[編集] 解説

一般的な芸術作品として、広く行われている表現技法。トレーディングカードゲームでは、カードを複数枚使用した立体カードが作られる。

カードの不要な部分をデザインナイフなどで切り抜き、遠い順に少し間隔をあけて貼り合わせるのが基本の作り方。

パーツを少し反らせたり、斜めに配置したり、カード枠から飛び出させたりすることでよりダイナミックな立体感を表現できる。さらに凝った例では、内部にLEDを仕込んで光らせたり、半透明の紙やセロファンで透明感を表現する場合もある。

[編集] 公式戦での扱い

当然、シャドーアートを施したカードをデッキに入れて使うことはできない。

トークンカウンターであれば、マジック・イベント規定に反しない限り使用可能である。

[編集] 参考

QR Code.gif