シャドーアート

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

シャドーアート (Shadow Art)とは、少し間隔をあけて台紙の上に模様や絵を重ね合わせて貼り付けることで立体的な絵を作る技法で、シャドーボックス(シャドウボックス)とも呼ばれる技法とデコパージュを組み合わせて、マジックの立体カードが作られている。

大阪や横浜、名古屋に比較的近いグランプリやプロツアーで実際に作成・トレードしている様子を見かけることが多い。

使用するカードは6枚前後で、物によってはカードの枠よりも上にパーツが配置されているものもある。素材は主にコモンアンコモンが中心となり、高額のレアカードを題材とした作品を見ることは珍しいが、レアカードでの作成が禁止されているわけではない。単純に高額カードを6枚以上入手するのが難しいためである。

基本土地を使用しておはじきを組み込んだライフカウンターも作成しているなど、マジックのカードを使った楽しみ方としてはかなり異例だろう。

[編集] 参考

QR Code.gif