Roreca's Tale

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Roreca's Taleポケットプレイヤーズガイドに収録されたリチャード・ガーフィールドによる掌編。

リミテッド・エディションのルールブック掲載のイントロダクション・ストーリーに登場したプレインズウォーカー/Planeswalker、Worzel(ウォーズル)とThomil(ソミル)が再登場。ウォーズルの旅の仲間Roreca(ロリーカ)が2人の戦いを目撃する。

[編集] ストーリー要約

ウォーズルはロリーカを従え、土地との繋がりを得るためにエルガモン/Ergamonという次元/Planeに探索にやってきた。峡谷に残された廃墟を調査していると、2人は旧敵ソミルがの魔法で召喚したアンデッドや奈落の王/Lord of the Pit(作中ではPitlord表記)に襲われる。ウォーズルはスクリブ・スプライト/Scryb Sprites灰色熊/Grizzly Bearsで対抗し、黒の防御円/Circle of Protection: Blackで奈落の王をやり過ごす。ソミルは奈落の王で自滅しエルガモンから撤退、ウォーズルとロリーカはCabralin(カブラリン)に出発した。

[編集] 参考

QR Code.gif