村上祐樹

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

村上 祐樹(むらかみ ゆうき)は、関西のプロプレイヤーである。

マジックトーナメントシーンに実在したプロプレイヤー「村上祐樹」は完全に同姓同名のプレイヤーが二名おり、このページでは大阪の村上祐樹について記載する。

[編集] 概要

公式のトーナメントにおいてデビュー飾った当時は中学生であり、弱冠14歳ながらにして様々なデッキを操り、関西では優秀な成績を残した。

詳細な記録がほぼ残っていないため割愛されるものが多いが有名なエピソードとしてグランプリ京都00で決勝まで上り詰めるも藤田剛史を相手に優勢状態から悲劇のデモコンデスを決めてしまったというものがある。

また、The Finals99においては友人におふざけでサイドボードに無理やり入れられた崩れゆく聖域/Crumbling Sanctuaryデュエリスト・ジャパン誌上で「何の意味があるのかわからない」等とフルボッコにされたエピソードもある。

  • 森勝洋と交流があり、中高生でありながら極めて高い成績を残したジュニアプレイヤーであった。

[編集] 主な戦績

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif