公開忘れ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

公開忘れ/Failure to Revealとは、かつてマジック違反処置指針で定義されていた用語で、ルール効果によって公開する必要がある情報を公開し忘れること。

ルール適用度(REL)「競技」および「プロ」に適用される現在のマジック違反処置指針では、「ゲーム上の誤り ─ 非公開カードに関する誤り」としてまとめられている。懲罰は主に警告だが、変異の公開し忘れはゲームの敗北に格上げとなる。 誤りを起こしたプレイヤーへは、マジック違反処置指針によって定められた追加処置が行われる。

  • REL「一般」においては、誤りの処理は一般イベント用ジャッジ法に基づいて行われる。現場のジャッジの判断によって処理されるだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif