アン=ハヴァ/An-Havva

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アン=ハヴァ/An-Havvaホームランドの地名。

[編集] 解説

The Great Wood(大森林)の境界にある、アイゼン/Aysenの開拓者が築いた共同体で、いくつかのや集落の総称。アイゼンとKoskun Keep(コスカン砦)の交易路の中間地点に当たる。アイゼン国境門と暗き男爵領/The Dark Baronyの位置から見ても中間地点にあり、An-Havva Inn(アン=ハヴァの宿)と男爵領は馬車道で結ばれている。

堅苦しい規則や官僚制度の束縛を嫌った人々が住み、強い独立心に支えられ繁栄している。住人は居住地域に家を建て、土地を耕し、注意深く選別した大森林の区画から材木用の木々を採集する。ほとんどは善良な人々であるが余所者をそれほど信用していない。にもかかわらず、交易の中継地点として栄え、旅人や放浪者が食事や修理、待ち合わせにと、しばしば立ち寄る場所である。

アン=ハヴァの街の安全は治安官が守っている。治安官の仕事振りは熱心だが、少々荒っぽい。治安官ジョスカン/Joskunが知られている。

この地を訪れた者の中には家を建て、3月、半年あるいはもっと長期にと、住みついてしまう者も多い。大半は不正が黙認されない共同体を発見して喜んでいる。ただ、その自由な土地柄のため、国を追われたはぐれ者や法を犯したお尋ね者も紛れ込んでいる。森の住人の中には、センギア男爵/Baron Sengirの代理人たる“狩人”も隠れている。

大森林のオータム・ウィロウ/Autumn Willowは、アン=ハヴァの民の味方である。アン=ハヴァの民はオータム・ウィロウをフェアリーの類と信じている。

[編集] 登場カード

カード名に登場
フレイバー・テキストに登場

[編集] 参考

QR Code.gif