秘密裏の干渉者/Clandestine Meddler

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
Kam (トーク | 投稿記録)
(未評価新規作成)

2024年2月13日 (火) 06:51時点における最新版


Clandestine Meddler / 秘密裏の干渉者 (2)(黒)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) ならず者(Rogue)

秘密裏の干渉者が戦場に出たとき、あなたがコントロールしていてこれでないクリーチャー最大1体を対象とする。それに容疑をかける。(容疑クリーチャーは威迫を持ち、それではブロックできない。)
あなたがコントロールしている1体以上の容疑クリーチャーが攻撃するたび、諜報1を行う。(あなたのライブラリーの一番上にあるカード1枚を見る。それをあなたの墓地に置いてもよい。)

3/2

ETBで他の自分クリーチャー容疑をかけることができ、容疑クリーチャーで攻撃すると諜報する吸血鬼ならず者

未評価カードです
このカード「秘密裏の干渉者/Clandestine Meddler」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] 参考

QR Code.gif