田中としひさ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

田中としひさは漫画家、イラストレーター。夫人は寺島令子

日本マジック界黎明期からのデュエリストであり、RPGマガジンにてマジックのコラムなどの挿絵を担当。「ウェルカム・トゥ・ドミニア ドミニアへの招待」の連載終了後、“新ドミニアへの招待”として開始されたマジックリプレイ「マジカル・トラベラー美由紀」においてイラストレーターを担当した。 また現在タカラトミーが(タカラ名義で)各店舗に配布している初心者向け教本「ベーシックバイブル」でもキャラクター絵を描いている。

アスキー社発行のテーブルトークRPG&ファンタジー小説雑誌「LOG OUT」にて、自身とその周辺についてのエッセイ漫画「おこんないでね」を連載。その中でマジックに出会い、布教活動を開始。朱鷺田祐介金澤尚子らとともに、日本のマジック普及に貢献した。

初期プレイヤーのご多分に漏れずセラの天使/Serra Angelの大ファンであり、第5版において基本セット落ちを知らされた際には、悲しさの余りセラの天使を奇跡の復活/Miraculous Recoveryするというファンデッキ構築してトーナメントに出場したほど。

何かというと「セラ復活しないかなあ…」と嘆く田中に呆れる、という展開になるのが定番だった。

  • ドミニアへの招待では、金澤尚子とともに顔出し記事で登場している。
  • 船越長伸氏に渡した直筆のソルジャー・トークンは、海外で大人気だった。

[編集] 参考

QR Code.gif