トーク:カード名

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

以前からカード名のページが雑然としていたので、総合ルール関連は名前のページに、構築関係やその他の内容はカード名のページに分けて整理しようと考えていたのですが、基本セット2010よりルール用語「name」の訳語が「名前」から「カード名」に変更されました。 しばらく前にJNRの米村さんにお訊きしたところ、『何かトラブルがない限り「カード名」で続ける』との回答をいただいております。 そこで、内容の整理をするに当たって、内容をどのように各ページに振り分けるべきかのご意見をいただきたいと思います。 下記は私の方で考えた案です。

  • (1)訳語を尊重して「name」の内容も「カード名」のページに記す。「name」部と「card name」部は分けて整理する。「名前」のページには、簡単なメモと訳語に関する注記を残す。
  • (2)内容を尊重して、「name」は「名前」のページに、「card name」は「カード名」のページに記す。各ページの最上部に訳語に関する注記を書く。
  • (3)その他、案がありましたら。

個人的には、「トークンのカード名」といった違和感、「カード名を指定する(カードを指名する/name a card)」効果との不整合、説明文の書きにくさも踏まえた上で、(2)を推したいのですが、いかがでしょうか。--第二波 2009年10月14日 (水) 00:43 (JST)

しばらく日が開いてしまいました。特にご意見が無いようでしたら、とりあえず上記(2)の方針で編集をしてみて、反応を見ようかと思います。ただ、全体的に書き換える格好になってしまいますので、(2)の方針自体に反対意見などがございましたら、ぜひ書き込みをしてください。今のところ、次の土日に編集する予定です。--第二波 2009年10月27日 (火) 23:27 (JST)

上記(2)の方針にて、大幅な変更を施しました。例示を足したため、むしろ分量が増えてしまう始末。元の各ページにあった内容はすべてどちらかに記載されているはずです。内容や方針に意見がある場合は、本文の編集かノートへの書き込みをよろしくお願いします。--第二波 2009年11月4日 (水) 01:37 (JST)

QR Code.gif