Throne of Eldraine: The Wildered Quest

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Throne of Eldraine: The Wildered QuestKate Elliottによるエルドレインの王権の小説。2019年9月4日発売。電子書籍のみで販売される。日本語版の発売は予定されていない。

[編集] あらすじ

若き双子の戦魔道士、ローアン・ケンリス/Rowan Kenrithウィル・ケンリス/Will Kenrithは、行方知れずとなった彼らの父、崇王ケンリス/Kenrithの探索へ向かう。安全な王国/The Realmより遠く離れ、彼らの探索は僻境/The Wildsの奥深くへと分け入っていく。そこは妖精、怪物、そして野放図な魔法による敵意ある地である。狡猾で謎めいたシェイプシフターオーコ/Okoとの偶然の出会いは何らかの手掛かりを感じさせたが、フェイ/Feyのトリックスターの記憶はウィンクとともに飛び去ってしまう。不確かな記憶に取り巻かれ、多元宇宙/Multiverseを股に掛けプレインズウォーカー/Planeswalkerを追う呪われた狩人、ガラク/Garrukに容赦なく追い立てられながら、王家の跡継ぎたちは彼らの父の消失の謎を暴き、崇王の不在が王国の平和を破る前に彼を正しき玉座に復権させることができるだろうか?

[編集] 日本語訳

日本公式サイトにおいて、若月繭子による日本語でのダイジェスト版が連載されている。

[編集] 参考

QR Code.gif