ダリアン/Darien

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ダリアン/Darienは、氷河期末期のキイェルドー/Kjeldor最後の国王。キイェルドー国王ダリアン(King Darien of Kjeldor)

目次

[編集] ストーリー

先代女王の逝去により若くして国王となる。赤味がかった金髪、細身だが決して痩せてはいない。自ら剣を振るって暗殺団と戦えるだけの技量もある。20余年後、娘も結婚した後の姿はこちら

優柔不断で弱腰の国王との風評だが、それは若さゆえの経験不足に過ぎず、実際は聡明な人物である。事実、ストロームガルド騎士団/The Knights of Stromgaldの離反後は、めきめきとその実力を現していった。また、王子時代にもその片鱗は窺え、疫病に苦しむバルデュヴィアの部族Lord Zaraya(ザライア卿)騎士を派遣している。ちなみにアメコミではPrince Darian表記。

2934ARキイェルドーの戦い/The Battle of Kjeldorでは、キイェルドー軍総責任者として指揮を執るだけにとどまらず、前線でストロームガルド騎士団の将軍ハーコン/Haakonの部隊と戦ってもいる。

キイェルドーの戦い以後、二度結婚しているが、その二度とも相手と死別している。最初の結婚は政略結婚であるが、一人娘Alexandrite(アレクサンドライト)を授かる。恋愛の末に再婚するが、公より私事を重んじたこの再婚はヴァーチャイルド将軍/General Varchild反乱のきっかけともなったと言われる。

キイェルドーの戦いから”雪解けの時”/The Thawにかけて、頼みの綱の王室魔道師グスタと忠臣ヴァーチャイルド将軍を失う。魔術と軍事それぞれの辣腕の統轄者を欠いた痛手は大きく、疫病が蔓延し、水没しつつある自国への対処がままならなくなっていった。自国の危機を乗り切るためバルデュヴィア/Balduviaとの同盟を推し進めた結果、両国の統一国家新アルガイヴ/New Argive建国に到った。新アルガイヴの初代女王は愛娘アレクサンドライトである。

[編集] 歴史上のダリアン王

キイェルドー王家にはダリアンという名前の国王が複数存在する。後世の歴史家にとっては厄介な問題である。

[編集] ダリアン王の一例

  • ダリアン一世/Darien the First
  • 大王ダリアン(Darien the Great)。善良王ダリアン(Good King Darien)とも呼ばれる。
  • 禿頭王ダリアン(Darien the Bald)。善良王の孫。
  • 愚王ダリアン(Darien the Foolish)。禿頭王の子。
  • 小説で一度だけ「善良王(Good King)」と呼ばれたことから、キイェルドー最後の国王ダリアンを大王ダリアンと同一人物とする説がある。

[編集] 訳語

コールドスナップで本人がカード化され、キイェルドーの王、ダリアン/Darien, King of Kjeldorと翻訳された。「King Darien of Kjeldor」とは、アライアンスフレイバー・テキストでの表記。

[編集] 登場カード

[編集] 参考

QR Code.gif