龍神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Dragon-God

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nicol Bolas, Dragon-God / 龍神、ニコル・ボーラス (青)(黒)(黒)(黒)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — ボーラス(Bolas)

龍神、ニコル・ボーラスは、戦場にある他のプレインズウォーカーすべての忠誠度能力をすべて持つ。
[+1]:あなたはカードを1枚引く。各対戦相手はそれぞれ、自分の手札からカード1枚か、自分がコントロールしているパーマネント1つを追放する。
[-3]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それを破壊する。
[-8]:伝説のクリーチャーもプレインズウォーカーもコントロールしていない各対戦相手はそれぞれこのゲームに敗北する。

4

ラヴニカ/Ravnicaへの侵攻を開始したボーラス戦場にある他のプレインズウォーカー忠誠度能力を得る常在型能力アドバンテージ獲得能力、クリーチャーかプレインズウォーカーの除去能力、対戦相手敗北条件能力を持つ。

常在型能力
他のプレインズウォーカーの忠誠度能力を全て兼ね備えることができる、「プレインズウォーカーの灯を奪う」ストーリーに沿った能力。
ただしボーラス固有の忠誠度能力がどれも高性能なので、これを使う場面はリミテッドであっても限定的。また、対戦相手が強力なプレインズウォーカーをコントロールしている場合は-3能力ですぐ除去した方が良い場面も多い。
一度に+2以上できる忠誠度能力や、エンチャントアーティファクトを除去できる能力、少なめの忠誠度で起動できる奥義など、ボーラスにできないことを補えればラッキーというところか。
+1能力
破滅の刻責め苦サイクルを思わせる、多角的な除去+ドロー
差し引きで2枚のカード・アドバンテージを得られる能力多人数戦だとさらに得られるアドバンテージが増える。
対戦相手に広い選択権があるため、狙ったパーマネント手札を除去することは困難だが、追放により死亡誘発墓地からの回収を許さない点は心強い。
5マナプレインズウォーカーの忠誠度プラス能力としては2枚のアドバンテージは異例の多さで、ボーラスを戦場に維持しているだけでじわじわとアドバンテージ差を広げられるだろう。
-3能力
クリーチャーまたはプレインズウォーカーの破壊戦慄掘り/Dreadbore相当の能力。
消費忠誠度が-3と多いため、対象やタイミングはよく考えたい。どうしても落としたい回避能力持ちや厄介なプレインズウォーカーを除去していくことになるだろうか。
また、この能力で伝説のクリーチャーやプレインズウォーカーを能動的に除去していけるため、奥義の下地作りにもなる。
-8能力
伝説のクリーチャーかプレインズウォーカーをコントロールしていない対戦相手を問答無用で敗北させる奥義。
リミテッドではかなりの脅威になり得るが、灯争大戦にはアンコモンにもプレインズウォーカーが多数いるため条件を満たせない場面も少なくない。+1能力と-3能力で十分に対戦相手を締め上げてから使うことになるだろう。
他のプレインズウォーカーの奥義に比べて、条件を満たせなかった場合は何も起きないことに注意が必要。瞬速持ちの艦の魔道士、ラフ・キャパシェン/Raff Capashen, Ship's Mage等に計算を狂わされないようにしたい。

+1能力が特に強力であるが、全体除去トークン生成能力を持たないため単体での形勢逆転は難しい。しかしコントロールにとって相当の魅力を持ったカードであることは間違いなく、灯争大戦参入後からスタンダード青黒赤コントロールで試されている。

リミテッドでは強力無比の一言であるが、黒トリプルシンボル含む色マナ5つの色拘束が大きな障害となる。維持できれば容易に優勢を作れるカードであるため、火想者の器/Firemind Vesselギルド球/Guild Globeを使って3色目をタッチするだけの価値はある。

[編集] ルール

常在型能力
+1能力
-8能力

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

ラヴニカ/Ravnicaにて、神の如き力を取り戻すための計画をいよいよ実行に移したニコル・ボーラス/Nicol Bolas不滅の太陽/The Immortal Sunを用いて多数のプレインズウォーカー/Planeswalkerをラヴニカに閉じ込め、次元橋/Planar Bridgeで移送した永遠衆/Eternalを用いてプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkを収穫し始めた。

詳細はニコル・ボーラス/Nicol Bolas (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif