孵化+不和/Incubation+Incongruity

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Incubation / 孵化 (緑/青)
ソーサリー

あなたのライブラリーの一番上からカードを5枚見る。あなたはその中からクリーチャー・カード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

Incongruity / 不和 (1)(緑)(青)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。そのクリーチャーのコントローラーは、緑の3/3のカエル(Frog)・トカゲ(Lizard)・クリーチャー・トークンを1体生成する。


ラヴニカの献身アンコモン分割カードサイクルシミック連合/The Simic Combineクリーチャーカード限定の衝動サーチか、クリーチャーの除去トークン生成

孵化は自然との融和/Commune with Nature。たった1マナ軽いうえにそこそこの枚数を掘り進められ、基本的にいつ引いても使いやすい。

不和は追放型の急速混成/Rapid Hybridizationマナ・コストは少々重い青緑としてはかなり貴重な追放除去。例によって自軍のいらないクリーチャーに唱えて3/3に変化させる使い方も可能。

基本は除去として考え、序盤の立ち上がりや除去が不要な場面では戦力を探しに行けるという構成。追放でなければ対処が難しいクリーチャーも多く存在するため一方的格闘などでは不十分という場面も多く、3/3が残るデメリットがあってもこちらを優先したい場面も多い。スタンダードでは3目を足さない純粋な青緑デッキで採用される。中でもマーフォークデッキは除去のためにスロットを割きづらい構成であるため、この手のカードは特に重宝する。

リミテッドでもどちらの効果も有用。自然とクリーチャー主体のデッキになるため孵化が使いやすく、不和もフィニッシャーを3/3に変えてしまえばひとまず危機を脱することができる。何にせよ、残された3/3を受け止められるようにできるだけタフネス4以上のクリーチャーを用意しておきたい。あるいは応用生術/Applied Biomancy等のバウンスで消してしまうのも有効。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドラヴニカの献身アンコモン分割カードサイクル。左半分が混成カード、右半分が多色カードになっている。

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

[編集] 参考

QR Code.gif