レミィ・キルミスター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ホビージャパン社刊のマジック誌の顔。金澤尚子氏意匠の女魔術師見習い。 桃色の髪でお下げが2つ(いわゆるツイン・テール)、あどけなさの残る風貌。英国人を名乗るが白鳥座星系出身ともほのめかされる。 さまざまな記事にまたがって活躍するが、執筆者により設定が変化する事に留意。 やや頭のねじが外れている点は一貫している。

RPGマガジンのTRPG誌上再現(リプレイ)の主人公・初座(ウイザ)レミィとして登場。MTGを扱うようになってから、こちらの業界へと移ってきた。トキリンの弟子として、ライバル(?)の先輩女魔術師ぴよぷーや、「もき」が口癖の強さ・性格ともに極悪な拷問台/The Rack(レミィのアドバイザー)&黒の万力/Black Vise(ぴよぷーの相棒)という2つの人形型アーティファクト(参考)を相方に、説明系記事の聞き手としての歴史が始まった。この頃は、金澤氏の漫画を読まずに文章だけ見れば、まだ新米女魔術師としての風格を保っている。

「ドミニアへの招待」終了後のリプレイ「マジカル・トラベラー美由紀」においては、主人公の渡辺美由紀を別世界から見守るという、今となっては考えられないほど風格のある登場の仕方をした。

その後ゲームぎゃざ誌上にて、フジケン門下生として受難の日々を送っていたが、雑誌リニューアルに伴ってその関係は解かれた模様で、現在は単色王子ジョンに教化されている。

突発的に脳が刷新され記憶を失うので、師としては、教え甲斐がない弟子であろう。

デュエルファイター刃では、レミィ・ウィンザーの名で出演。間の抜けっぷりは変わらずであった。

  • ウィザーズ社の公式サイトでも紹介され、海外進出を果たしている。→参考
  • トキリン、ぴよぷーらと違い、モデルとなった人物は明らかにされていない。
  • 金澤尚子の個人誌、『ぴよぷー玉手箱10』に「モーターヘッドのレミー・キルミスターから名前を頂いた」とある。レミー・キルミスター(Lemmy Kilmister)は、イギリスのロック(ヘヴィメタル)バンド、モーターヘッドのメンバーの一人。

[編集] 参考

QR Code.gif