オレリアの憤怒/Aurelia's Fury

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Aurelia's Fury / オレリアの憤怒 (X)(赤)(白)
インスタント

望む数のクリーチャーかプレイヤー(またはその組み合わせ)を対象とする。オレリアの憤怒はそれらに、X点のダメージをあなたの望むように分割して与える。これによりダメージを与えられた各クリーチャーをそれぞれタップする。これによりダメージを与えられたプレイヤーは、このターン、クリーチャーでない呪文を唱えることができない。


割り振り可能なインスタントX火力。さらにダメージ与えた対象の追加効果を及ぼす。

クリーチャーにはタップ効果。致死ダメージを与えて破壊するのが難しいタフなクリーチャーも(1)余計に支払うことで無力化できる。プレイヤーにはクリーチャー以外の呪文に対する沈黙/Silence。沈黙と同様に対戦相手コンボを妨害したり、逆にカウンターを消費させてこちらのキーカードを通したりできる。

割り振れる火力なので、特にウィニーに対して強力だが、白の追加効果のおかげで中速ビートダウンデッキコントロールデッキ相手にも腐りにくく、汎用性は極めて高い。それにも関わらず火種溶岩噴火/Volcanic Geyser彗星の嵐/Comet Stormと同じ色マナ2つであり、X火力としてはかなり優秀な部類に入る。

ただしいくら腐りにくいといっても、白の追加効果はあくまで擬似的なアドバンテージに過ぎず、それなりのマナを用意できないデッキならば、通常の火力を入れた方がより直接的なアドバンテージを獲得しやすい点は他のX火力と変わらないことに注意が必要。そのため白赤が最も得意とするウィニーとは基本的に相性が悪いのが残念なところ。トリコロールのようにそれなりのマナを捻出できるデッキならば採用の余地があるだろう。

スポイラーリスト公開時には注目を集め、一時期はギルド門侵犯トップレア有力候補とまで評された。しかしスタンダード構築では目立った活躍を見せることができずにスタンダード落ちしてしまった。

  • 軽減されるなどしてダメージを与えることができなかった場合、追加効果も発生しない。プレイヤーへのダメージをプレインズウォーカーに移し替えた場合も同様。

[編集] 参考

QR Code.gif