Yawgmoth's Testament

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ファイレクシア教典/Phyrexian Scripturesなど他に縦書きも見られる)
7行: 7行:
 
|背景=legal}}
 
|背景=legal}}
  
[[追放]]領域から[[唱える|唱えられる]]ようにする[[ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will]]
+
[[墓地]]でなく[[追放]][[領域]]から[[カード]]を[[プレイ]]できる[[ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will]]。ヨーグモスの意志と異なり、[[墓地に置く|墓地に置か]]れるか追放される[[カード]]は[[ライブラリーの一番下]]へ送られる。
あちらと違い、[[墓地]]に送られるか[[追放]]される[[カード]]は[[ライブラリーの一番下]]へ送られる。
+
  
追放領域へカードを送るのは墓地送りよりは難しい。が、意識してカードを送ればカードを集めることを達成できるかもしれない。
+
追放領域は墓地よりカードを貯めるのが難しい傾向にあるが、なにかとカードの一時置き場になったり大量にカードが置かれたりすることも多く、例えば[[フラッシュバック]]を持つ[[呪文]]を合計3回も[[唱える]]ことができる。また、[[地ならし屋/Leveler]]との組み合わせが特筆に値し、[[ライブラリー]]丸ごとプレイし放題に加えて、墓地に置かれるカードがライブラリーの一番下に戻るので地ならし屋が抱える問題である[[ライブラリーアウト]]対策にもなる。
 
+
意識しなくても[[フラッシュバック]]で唱えた[[呪文]]をもう一度唱えるといったこともできる。
+
  
 
*[[Mystery Booster]]を用いた[[リミテッド]]では[[排斥/Cast Out]]により追放されたクリーチャーを唱え直すといったプレイングが可能。
 
*[[Mystery Booster]]を用いた[[リミテッド]]では[[排斥/Cast Out]]により追放されたクリーチャーを唱え直すといったプレイングが可能。

2020年5月22日 (金) 22:21時点における版


Yawgmoth's Testament (2)(黒)
ソーサリー

ターン終了時まで、あなたはあなたがオーナーであり追放されている表向きのカードをプレイしてもよい。
このターン、カードがいずれかの領域からあなたの墓地に置かれるか追放されるなら、代わりにそれをあなたのライブラリーの一番下に置く。
[テストカード - 構築では使用できない。]


墓地でなく追放領域からカードプレイできるヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will。ヨーグモスの意志と異なり、墓地に置かれるか追放されるカードライブラリーの一番下へ送られる。

追放領域は墓地よりカードを貯めるのが難しい傾向にあるが、なにかとカードの一時置き場になったり大量にカードが置かれたりすることも多く、例えばフラッシュバックを持つ呪文を合計3回も唱えることができる。また、地ならし屋/Levelerとの組み合わせが特筆に値し、ライブラリー丸ごとプレイし放題に加えて、墓地に置かれるカードがライブラリーの一番下に戻るので地ならし屋が抱える問題であるライブラリーアウト対策にもなる。

未評価カードです
このカード「Yawgmoth's Testament」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

参考

QR Code.gif