The Finals

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

The Finalsは、年末に行われる日本独自の大型トーナメント参考)。


目次

概要

1995年に創設された。

創設当初は「スタンダード日本最強決定戦」を決める趣旨で行われたイベントだったが、2000年よりスタンダード+エクステンデッド(2008年にブロック構築、2011年にモダン)という混合イベントとして「構築戦日本最強決定戦」と変更された。

2005年よりスタンダード・エクステンデッドを同時に行う世界選手権が年末に移行したことにより、メタゲームに大きく影響することとなった。またこれによりプレイヤー・オブ・ザ・イヤーレースが終了した後のイベントとなったため、プロプレイヤーの間では真剣勝負度が薄れ、お祭り的な意味合いも強くなった。

2006年より、併設イベントとしてThe Limitsが開催される。

2004年までホビージャパン主催だったが、2005年から11年まではWotCタカラトミー協力)主催のプレミアイベントとなった。プレミアイベント体制再編により2011年を最後に一度廃止されたが、2017年からWPNプレミアムトーナメントとして復活。

  • 年度によって大規模な賞金や記念商品があったが、その規模は流動的であった。日本独自の大会のため、主催者の経営状況がその辺りの「羽振りの良さ」に影響を与えてしまうのだろう。
  • 2013年から、(一度廃止された)The Finalsの実質的な代替大会として、晴れる屋主催によるWPNプレミアムトーナメントThe Last Sun」が開始されている。
  • 2017年以降の開催回から、プレインズウォーカーポイントのイベント記録上ではWPNプレミアムトーナメントの1つとして扱うが、かつては日本WotC主催大会であることから日本公式には引き続き独自イベント扱いとなる(参考)、また、グランプリなどと同じカバレージ体制を用意された。これはプロ・ポイントに絡めないイベントとしては異例。

招待される条件(2018年)

エリア代表決定戦

2018年のエリア代表決定戦では、本戦進出者数は参加者数に応じて変動する。また、本戦の参加権獲得者が決定した時点に大会終了。

参加人数 本戦参加権獲得者数 決勝ラウンド形式
9~16 1 トップ4
17~32 1 トップ8
33~64 2
65~128 4
129~226 8 なし
スイスドローのみ)
227以上 12

大会記録と歴代優勝者

参考

QR Code.gif