Pippa, Duchess of Dice

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(3人の利用者による、間の3版が非表示)
3行: 3行:
 
|コスト=(2)(緑)
 
|コスト=(2)(緑)
 
|タイプ=伝説のクリーチャー — 人間(Human)・貴族(Noble)
 
|タイプ=伝説のクリーチャー — 人間(Human)・貴族(Noble)
|カードテキスト=(2)(緑),(T):6面ダイスを1つ振る。それはそのパワーとタフネスが出目に等しい緑のDie・クリーチャー・トークンになる。<br>(2)(青),(T):ダイス1つを振り直す。(この能力は適切な時にのみ起動できる。)
+
|カードテキスト=(2)(緑),(T):6面ダイスを1つ振る。それはパワーとタフネスが出目に等しい緑のDie・クリーチャー・トークンになる。<br>(2)(青),(T):ダイス1つを振り直す。(この能力は適切な時にのみ起動できる。)
 
|PT=2/2
 
|PT=2/2
 
|アーティスト=Simon Dominic
 
|アーティスト=Simon Dominic
10行: 10行:
 
}}
 
}}
  
{{未評価|Unsanctioned}}
+
[[ダイス]]に関わる2色の[[起動型能力]]を持つ[[伝説の]][[人間]]・[[貴族]]。
 +
 
 +
[[緑]]の[[能力]]は[[トークン]][[生成]]。振ったダイスがそのまま出目と同じ[[パワー]]・[[タフネス]]の[[Die]]・[[クリーチャー]]になり動き出す。
 +
 
 +
[[青]]の能力は[[ダイス]]の振り直し。[[タップ能力]]ではあるが、[[Goblin Bookie]]と同様の[[注釈文]]が付けられているので、[[運命の壁/Wall of Fortune]]のように能力の[[解決]]中も使用可能。更に、緑の能力で生成したDie・クリーチャー・トークンも(ダイスそのもので表しているので)この能力で後から振り直すことができる<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/feature/unsanctioned-faq-2020-02-25 UNSANCTIONED FAQ]([[2020年]]2月25日 [[Mark Rosewater]]著)</ref>。
 +
 
 +
基本的に緑の能力でサイコロの兵隊を呼び出すことが多くなるだろう。毎[[ターン]]3[[マナ]]で平均3.5/3.5のクリーチャーが出てくるのは[[黒枠]]でも強力。十分な数の自慢のダイスを用意しよう。
 +
 
 +
*元ネタはトランプの兵隊を従える[[Wikipedia:ja:ハートの女王|ハートの女王]]か。
 +
*公式記事における[[カード名]]の日本語訳は「サイコロの公女、ピッパ」<ref name="MM1">[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/making-magic/un-boxing-part-2-2020-02-17 Un-Boxing, Part 2]/[https://mtg-jp.com/reading/mm/0033837/ 『アン』の箱詰め その2]([[Making Magic]] [[2020年]]2月17日 [[Mark Rosewater]]著)</ref>。
 +
**「公女」は公(''Prince'')や公爵(''Duke'')の娘を指し、一般に''Princess''と訳される。''Duchess''は''Duke''の女性形なので、上記の元ネタも加味して「女公」、「公爵夫人」あたりが適当か。
  
 
==関連カード==
 
==関連カード==
 
===サイクル===
 
===サイクル===
 
{{サイクル/Unsanctionedの伝説のクリーチャー}}
 
{{サイクル/Unsanctionedの伝説のクリーチャー}}
 +
 +
==開発秘話==
 +
これは[[伝説のクリーチャー]]の[[サイクル]]の1枚、すなわち[[緑]][[単色]]で[[青]]の[[能力]]を持つ[[カード]]として作られた。[[Mark Rosewater]]は、かつて[[Elvish Impersonators]]でやった「[[ダイス]]の出目で[[サイズ]]が決まる[[クリーチャー]]」を[[トークン]][[生成]]で再び扱うことを思いついた。青がダイスに関してできることは振り直しであるが、トークン生成もダイスの振り直しも1[[ターン]]に1度しか使えないのが望ましく、どちらも[[タップ能力]]にするなら同一ターンに[[起動]]することはできない。この2つの能力を関連させる方法はあるだろうか?解決策は、緑の能力で振られたダイスをそのままトークンにしてしまうことだった。これにより、青の能力はそのダイスを振り直すためにも使うことができるようになった<ref name="MM1" />。
 +
 +
==脚注==
 +
<references />
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:Unsanctioned]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:Unsanctioned]] - [[レア]]
 +
__NOTOC__

2020年3月29日 (日) 04:53時点における版


Pippa, Duchess of Dice (2)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human)・貴族(Noble)

(2)(緑),(T):6面ダイスを1つ振る。それはパワーとタフネスが出目に等しい緑のDie・クリーチャー・トークンになる。
(2)(青),(T):ダイス1つを振り直す。(この能力は適切な時にのみ起動できる。)

2/2

アーティスト:Simon Dominic


ダイスに関わる2色の起動型能力を持つ伝説の人間貴族

能力トークン生成。振ったダイスがそのまま出目と同じパワータフネスDieクリーチャーになり動き出す。

の能力はダイスの振り直し。タップ能力ではあるが、Goblin Bookieと同様の注釈文が付けられているので、運命の壁/Wall of Fortuneのように能力の解決中も使用可能。更に、緑の能力で生成したDie・クリーチャー・トークンも(ダイスそのもので表しているので)この能力で後から振り直すことができる[1]

基本的に緑の能力でサイコロの兵隊を呼び出すことが多くなるだろう。毎ターン3マナで平均3.5/3.5のクリーチャーが出てくるのは黒枠でも強力。十分な数の自慢のダイスを用意しよう。

  • 元ネタはトランプの兵隊を従えるハートの女王か。
  • 公式記事におけるカード名の日本語訳は「サイコロの公女、ピッパ」[2]
    • 「公女」は公(Prince)や公爵(Duke)の娘を指し、一般にPrincessと訳される。DuchessDukeの女性形なので、上記の元ネタも加味して「女公」、「公爵夫人」あたりが適当か。

関連カード

サイクル

Unsanctionedレア伝説のクリーチャーサイクル起動コスト対抗色色マナを含む起動型能力を持つ。括弧内は順にマナ・コスト、起動コストの色。

このサイクルは、Unstableの「友好色銀枠統率者サイクル(大演算器/The Grand Calcutronなど)」に続く、「対抗色の固有色を持つ銀枠統率者」として作られた。Unsanctionedは単色ハーフデッキを組み合わせて遊ぶ製品なので、いずれも「2つ目の色」が使えなくても機能するデザインになっている(Un-Boxing, Part 1/『アン』の箱詰め その1)。

開発秘話

これは伝説のクリーチャーサイクルの1枚、すなわち単色能力を持つカードとして作られた。Mark Rosewaterは、かつてElvish Impersonatorsでやった「ダイスの出目でサイズが決まるクリーチャー」をトークン生成で再び扱うことを思いついた。青がダイスに関してできることは振り直しであるが、トークン生成もダイスの振り直しも1ターンに1度しか使えないのが望ましく、どちらもタップ能力にするなら同一ターンに起動することはできない。この2つの能力を関連させる方法はあるだろうか?解決策は、緑の能力で振られたダイスをそのままトークンにしてしまうことだった。これにより、青の能力はそのダイスを振り直すためにも使うことができるようになった[2]

脚注

  1. UNSANCTIONED FAQ2020年2月25日 Mark Rosewater著)
  2. 2.0 2.1 Un-Boxing, Part 2/『アン』の箱詰め その2Making Magic 2020年2月17日 Mark Rosewater著)

参考

QR Code.gif