Mystery Booster

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(R&D Playtest cards)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
12行: 12行:
 
内容が全く謎のブースター製品として発表され、[[ミシックチャンピオンシップリッチモンド19|マジックフェスト・リッチモンド]]で初めてその内容が公開された。
 
内容が全く謎のブースター製品として発表され、[[ミシックチャンピオンシップリッチモンド19|マジックフェスト・リッチモンド]]で初めてその内容が公開された。
  
公式の[[カオスドラフト]]用製品とでもいうべき[[カード・セット]]。後述の15枚目のスロットを除いたカード総数は通常のセットの5倍以上のボリュームの全1694枚であり、[[ブースターパック]]の各スロットに121枚の異なる[[カード]]が印刷されたシートがそれぞれ割り振られているため、8人でドラフトをしても同じカードが出現することはほぼ無い。再録されたカードはカードの左下に[[プレインズウォーカー・シンボル]]がある以外は再録元のセットと同じ[[枠]]、[[エキスパンション・シンボル]]や[[コレクター番号]]を持つ。
+
公式の[[カオスドラフト]]用製品とでもいうべき[[カード・セット]]。後述の15枚目のスロットを除いたカード総数は通常のセットの5倍以上のボリュームの全1694枚であり、[[ブースターパック]]の各スロットに121枚の異なる[[カード]]が印刷されたシートがそれぞれ割り振られているため、8人でドラフトをしても同じカードが出現することはほぼ無い。再録されたカードはカードの左下に[[プレインズウォーカー・シンボル]]がある以外は再録元のセットと同じ[[枠]]、[[エキスパンション・シンボル]]や[[コレクター番号]]を持つ。[[オラクル]]の更新も一切反映されておらず、古いカードの中には懐かしの[[メカニズム]]や[[廃語]]が含まれることもある。
  
 
[[マジックフェスト]]などの各種イベントで配布される「Convention Edition」と店舗で一般販売される「WPN version」の2種類のパックがあり、パックの15枚目のスロットに設けられた121種類の「スペシャル枠」の内容が異なる。Convention Editionには[[開発部]]がセットの開発時に使うカードを模した「'''R&D Playtest cards'''(開発部プレイテストカード)」が封入されている。WPN versionではそのスロットには1694枚とは別に選ばれた再録の[[プレミアム・カード]]が封入される<ref>[https://markrosewater.tumblr.com/post/189038730658/the-store-version-of-mystery-booster-is-it-all Mark RosewaterのBlog]</ref>。
 
[[マジックフェスト]]などの各種イベントで配布される「Convention Edition」と店舗で一般販売される「WPN version」の2種類のパックがあり、パックの15枚目のスロットに設けられた121種類の「スペシャル枠」の内容が異なる。Convention Editionには[[開発部]]がセットの開発時に使うカードを模した「'''R&D Playtest cards'''(開発部プレイテストカード)」が封入されている。WPN versionではそのスロットには1694枚とは別に選ばれた再録の[[プレミアム・カード]]が封入される<ref>[https://markrosewater.tumblr.com/post/189038730658/the-store-version-of-mystery-booster-is-it-all Mark RosewaterのBlog]</ref>。
  
 
===R&D Playtest cards===
 
===R&D Playtest cards===
開発部がマジックのデザインをする際、仮デザインのカードでプレイテストをするために通常のマジックのカードにテキストを書き込んだステッカーを貼って使用するカードを模したカード群({{Gatherer|id=476210|カード画像}})。これはMystery Boosterを用いたリミテッドの[[ゲーム]]には使用できるが、カードに書かれているとおり[[構築]][[フォーマット]]では使用できない。実際に過去に検討されて没になったカードから新たに開発部から募集されたものなど様々で、惜しくも印刷から漏れたようなまともな効果から[[銀枠]]ギリギリのものまで存在する。実際にステッカーが貼ってあるわけではなくそれを模した印刷になっており、「上書き」元のカードの[[枠]]は貼られたカードに合致するようになっている。カード[[イラスト]]も開発部の御手製だが、通常のマジックのカードの[[アーティスト]]達に敬意を示し、アーティスト名は印刷されてはいない。[[コレクター番号]]も印刷されていないが、どちらも[[Gatherer]]には登録されている。また、[[稀少度]]はいずれも[[コモン]]として登録されている。
+
実際のマジックのデザイン中に使用される、仮デザインのテキストが書かれたステッカーを貼りつけたプレイテスト用のカードを模したカード群({{Gatherer|id=476210|カード画像}})。これらはMystery Boosterを用いた[[リミテッド]]の[[ゲーム]]には使用できるが、カードに書かれているとおり[[構築]][[フォーマット]]では使用できない。なお、[[枠]]デザインは実際に開発中に使われているもの(→[[プロキシ#カードのデザイン中]])よりもゲームでの使用に適したデザインへとアレンジが施されている。
 +
 
 +
その内容は実際に過去に検討されて没になったカードから新たに開発部から募集されたものなど様々で、惜しくも印刷から漏れたようなまともな効果から[[銀枠]]ギリギリのものまで存在する。実際にステッカーが貼ってあるわけではなくそれを模した印刷になっており、「上書き」元のカードの[[枠]]は貼られたカードに合致するようになっている。カード[[イラスト]]も開発部の御手製だが、通常のマジックのカードの[[アーティスト]]達に敬意を示し、アーティスト名は印刷されてはいない。[[コレクター番号]]も印刷されていないが、どちらも[[Gatherer]]には登録されている。また、[[稀少度]]はいずれも[[コモン]]として登録されている。
 +
 
 +
*一部のカードについては、通常のマジックでイラストを描いている[[アーティスト]]が手掛けているものもある。
 +
*[[Enchantmentize]]や[[Recycla-bird]]、[[Ruff, Underdog Champ]]など、後に[[黒枠]]カードとして登場する要素を含んでいるものもあり、油断できない。将来のメカニズムの「顔見せ」という点では[[未来予知]]の[[タイムシフト#未来予知のタイムシフト|タイムシフト]]に通じるものがある。
  
 
===内容===
 
===内容===
パックの封入内容は以下になっている。それぞれのスロットでシートは決まっているため、実質的にセット内のどのカードも[[稀少度]]に関わらず封入率は1/121となる([[変則的な稀少度]])
+
パックの封入内容は以下になっている。それぞれのスロットでシートは決まっているため、実質的にセット内のどのカードも[[稀少度]]に関わらず封入率は1/121となる([[変則的な稀少度]])。配分が完全に固定化されているため、どの枠が取られている、どの[[色]]が人気など、通常のブースターよりドラフト中に見えてくる情報は多い。
  
 
*2枚の[[白]]の[[コモン]]か[[アンコモン]]
 
*2枚の[[白]]の[[コモン]]か[[アンコモン]]

2020年6月22日 (月) 01:15時点における最新版

Mystery Booster
シンボル -
略号
コードネーム Whirlpool
発売日 2020年3月13日
セット枚数 全1694種類+121種類

Mystery Boosterとは、ブースタードラフト向けの再録カード・セットである。2020年3月13日発売。英語版のみ。

目次

[編集] 概要

内容が全く謎のブースター製品として発表され、マジックフェスト・リッチモンドで初めてその内容が公開された。

公式のカオスドラフト用製品とでもいうべきカード・セット。後述の15枚目のスロットを除いたカード総数は通常のセットの5倍以上のボリュームの全1694枚であり、ブースターパックの各スロットに121枚の異なるカードが印刷されたシートがそれぞれ割り振られているため、8人でドラフトをしても同じカードが出現することはほぼ無い。再録されたカードはカードの左下にプレインズウォーカー・シンボルがある以外は再録元のセットと同じエキスパンション・シンボルコレクター番号を持つ。オラクルの更新も一切反映されておらず、古いカードの中には懐かしのメカニズム廃語が含まれることもある。

マジックフェストなどの各種イベントで配布される「Convention Edition」と店舗で一般販売される「WPN version」の2種類のパックがあり、パックの15枚目のスロットに設けられた121種類の「スペシャル枠」の内容が異なる。Convention Editionには開発部がセットの開発時に使うカードを模した「R&D Playtest cards(開発部プレイテストカード)」が封入されている。WPN versionではそのスロットには1694枚とは別に選ばれた再録のプレミアム・カードが封入される[1]

[編集] R&D Playtest cards

実際のマジックのデザイン中に使用される、仮デザインのテキストが書かれたステッカーを貼りつけたプレイテスト用のカードを模したカード群(カード画像)。これらはMystery Boosterを用いたリミテッドゲームには使用できるが、カードに書かれているとおり構築フォーマットでは使用できない。なお、デザインは実際に開発中に使われているもの(→プロキシ#カードのデザイン中)よりもゲームでの使用に適したデザインへとアレンジが施されている。

その内容は実際に過去に検討されて没になったカードから新たに開発部から募集されたものなど様々で、惜しくも印刷から漏れたようなまともな効果から銀枠ギリギリのものまで存在する。実際にステッカーが貼ってあるわけではなくそれを模した印刷になっており、「上書き」元のカードのは貼られたカードに合致するようになっている。カードイラストも開発部の御手製だが、通常のマジックのカードのアーティスト達に敬意を示し、アーティスト名は印刷されてはいない。コレクター番号も印刷されていないが、どちらもGathererには登録されている。また、稀少度はいずれもコモンとして登録されている。

[編集] 内容

パックの封入内容は以下になっている。それぞれのスロットでシートは決まっているため、実質的にセット内のどのカードも稀少度に関わらず封入率は1/121となる(変則的な稀少度)。配分が完全に固定化されているため、どの枠が取られている、どのが人気など、通常のブースターよりドラフト中に見えてくる情報は多い。

[編集] 公式特集ページ

[編集] 脚注

  1. Mark RosewaterのBlog

[編集] 参考

QR Code.gif