魔術師の反駁/Wizard's Retort

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wizard's Retort / 魔術師の反駁 (1)(青)(青)
インスタント

あなたがウィザード(Wizard)をコントロールしているなら、この呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


ウィザードコントロールしていると対抗呪文/Counterspellとなる確定カウンター

スタンダードでは、打ち消しは検閲/Censor中略/Syncopate不許可/Disallow至高の意志/Supreme Willといったライバルが多く、部族デッキでの採用が前提となる。ドミナリアではにウィザード関連のカードが何枚か追加されたため、それらとともにデッキを組みたいところ。

部族要素がある打ち消しとしてはシルムガルの嘲笑/Silumgar's Scornが存在したが、比較すると戦場に限られる点と条件を満たさない場合3マナかかるため序盤に構えにくい点がネック。ドラゴンに比べ軽量クリーチャーが多いウィザードは、枚数を入れやすく序盤の展開に向いているため、コントロールで採用されたシルムガルの嘲笑に対しクロック・パーミッションのようなデッキと相性が良いか。

「もう一人の魔道士は稲妻破を霧消させることを学んだ。脅威と対応。これによって魔法の研究は進歩してきたのだ。」
反復の学部長、ナバン

[編集] 参考

QR Code.gif