風景の変容/Scapeshift

提供:MTG Wiki

2018年7月12日 (木) 13:24時点における180.30.130.94 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Scapeshift / 風景の変容 (2)(緑)(緑)
ソーサリー

望む数の土地を生け贄に捧げる。あなたのライブラリーから、その数以下の枚数の土地カードを探し、それらをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。


好きな数の土地を変容することができる呪文輪作/Crop Rotation上位種、あるいはガイアの均衡/Gaea's Balanceリメイク的な位置付けだろうか。

土地はタップインであり数も増えないためマナ加速にはならず、カード・アドバンテージも失うことになるが、基本でない土地であろうと好きな土地を一気に戦場に出すことができるのが最大の強み。ウルザランド雲上の座/Cloudpostを一気に揃えると強力。

大量の土地を墓地送りにできる点を活用するのもよい。土を食うもの/Terravore田舎の破壊者/Countryside Crusherサイズを上げたり、スレッショルドを達成したりできる。この手のカードのお約束として、壌土からの生命/Life from the Loam世界のるつぼ/Crucible of Worldsと組み合わせても良い。トロウケアの敷石/Flagstones of Trokairを生け贄に捧げればマナ加速も可能である。

とはいえ4マナカード1枚使ってまでやることでもなく、どちらかというとカスレアに属する方であった。しかしゼンディカー溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacleが登場し、エクステンデッドコンボデッキヴァラクートキーカードとなって以来評価は一変した。

基本セット2019での再録時はスタンダードに特にシナジーを形成する土地が無く、希少度も上がっていることから、主にモダンなど古いフォーマット向けの収録だと考えられる。

エクステンデッドから移行したモダンでは、雲上の座が禁止カードとなるまでは12postに採用されていた。その後、ヴァラクートの禁止解除に伴いコンボが復活。その名もずばり風景の変容(スケープシフト)と呼ばれるデッキが登場している。

[編集] 参考

QR Code.gif