霰炎の責め苦/Torment of Hailfire

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Torment of Hailfire / 霰炎の責め苦 (X)(黒)(黒)
ソーサリー

次の手順をX回繰り返す。各対戦相手は、それぞれそのプレイヤーが土地でないパーマネントを1つ生け贄に捧げるかカード1枚を捨てるかしないかぎり、3点のライフを失う。


責め苦サイクルレアX呪文ソーサリー土地以外のパーマネント1つを生け贄orカード1枚を捨てるor3点のライフロスという3択を、X回相手に選ばせる。

いずれの選択も火種が2マナのX呪文としては破格の効果だが、相手に選択権のあるカードであるため、選択の幅の広さが癖の強さとなってしまっており、中途半端に使っても思ったような効果を上げることは難しい。

Xが大きくなるほど相手にとっての選択の余地が少なくなっていくため、比較的狙い通りの効果を発揮できるが、それでも「最後まで残しておきたいリソース」は相手が選択出来る点に注意が必要。基本的には、Xの値を高めるだけでなく、相手のリソースを予め少なくしておく、又は取りこぼしたリソースを処理する他のカードとの連携が不可欠となる。

使うならば、マス・デストラクション系のデッキや除去コントロールなどが候補に挙がるが、いずれにせよマナ基盤の確保や、事前に相手のライフやパーマネントを削いでおくといった下準備が求められるカードといえる。幸い、登場時点でのスタンダードに除去が豊富なことは追い風であり、同じ責め苦サイクルや、幅広いリソースを責められる王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaohなどは特に相性が良い。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

破滅の刻の責め苦サイクルの各稀少度に1種類ずつ存在する垂直サイクル。

プレイヤー土地でないパーマネントを1つ生け贄に捧げるカード1枚を捨てるかしないかぎり、そのプレイヤーは3点のライフ失う」という効果を持つ。

デザイン初期では多くのカードが持つメカニズムであったが、あまり頻繁に使われるとゲームが画一的になるため、3枚(+1枚)まで減らされた(参考/翻訳)。

[編集] 参考

QR Code.gif