霊狩り、ケイヤ/Kaya, Geist Hunter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kaya, Geist Hunter / 霊狩り、ケイヤ (1)(白)(黒)
伝説のプレインズウォーカー — ケイヤ(Kaya)

[+1]:あなたがコントロールしているクリーチャー・トークン最大1体を対象とする。ターン終了時まで、あなたがコントロールしているすべてのクリーチャーは接死を得る。対象にしたクリーチャーの上に+1/+1カウンター1個を置く。
[-2]:ターン終了時まで、あなたのコントロール下で1つ以上のトークンが生成されるなら、代わりにその2倍の数のトークンを生成する。
[-6]:すべての墓地にあるすべてのカードを追放する。その後、これにより追放されているカード1枚につき1体の、飛行を持つ白の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを生成する。

3

イニストラード:真紅の契りで登場したケイヤ忠誠度能力は全体への接死付与とクリーチャートークン強化、トークンの生成数の倍加、すべての墓地追放し追放したカードの数だけ飛行トークンの生成。

+1能力
クリーチャー・トークン1体に+1/+1カウンターを置き、トークン以外も含め味方クリーチャー全体に接死を与える。
接死は防御的に使いたい能力ではあるが、どんな小型クリーチャーでも相討ちか本体かを対戦相手に迫れるため、クリーチャー・トークンを中心に並べてお膳立てしておきたい。
-2能力
1ターン限定の似通った生命/Parallel Livesまで考慮すれば選定された行進/Anointed Procession)。
-6能力
すべての墓地からカードを追放し、同数の1/1飛行スピリット生成する。

背景設定で得意とする霊に干渉する能力を、トークンへの干渉として解釈しているのだろう。全ての能力がトークンに関与している以上、必然的にトークンを多用するデッキに搭載することになる。

登場時のスタンダードにおいては、白黒には人間ゾンビといった多数並びやすいトークンを利用するカード、トークン限定の全体強化である劇的な終焉/Dramatic Finaleタップインながら大量展開の狙える空の覆い隠し/Blot Out the Skyなどが存在しており、コンセプトデッキを組めるだけのパーツは揃っている。出たターンにも-2能力は使用できるため、一瞬にして盤面を埋めることが可能。ただしこれ単独ではほとんど機能せず、トークンを軸にする性質上当然ではあるが全体除去全体火力に非常に脆いのが弱点となる。可能な限り隙を小さくする工夫をしておきたい。

[編集] ルール

+1能力
  • 対象は最大1体のため、忠誠度を増やすためや接死付与のためだけに対象を0体にして起動してもよい。
  • クリーチャー・トークンを対象に選んだ場合、解決時に対象が不正な対象となっていたのなら、能力立ち消え接死付与も発揮されない。
-2能力
-6能力
  • 生成されるトークンの数は、この能力の解決中に追放されたカードの枚数である。-6能力を複数回にわたって解決しても、以前の-6能力で追放されたカードの枚数は加算されない。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldarenの結婚式を襲撃するケイヤ/Kaya

詳細はケイヤ/Kayaを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif