雷電支配/Electrodominance

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(死せる生について追記)
 
8行: 8行:
  
 
==ルール==
 
==ルール==
*雷電支配の[[解決]]中に[[カード]]を[[唱える]]ことを指示するので、[[あなた]]の[[メイン・フェイズ]]かに関わらず[[パーマネント]]呪文や[[ソーサリー]]も唱えることができる。
+
*雷電支配の[[解決中に呪文を唱える]]ことを指示するので、[[あなた]]の[[メイン・フェイズ]]かに関わらず[[パーマネント]]呪文や[[ソーサリー]]も唱えることができる。
 
*[[コスト]]の[[支払う|支払い]]については[[マナ・コストを支払うことなく唱える]]を参照。
 
*[[コスト]]の[[支払う|支払い]]については[[マナ・コストを支払うことなく唱える]]を参照。
 
*雷電支配の[[対象]]が[[不正な対象]]となり[[立ち消え]]たなら、[[手札]]の[[カード]]も唱えることもできない。
 
*雷電支配の[[対象]]が[[不正な対象]]となり[[立ち消え]]たなら、[[手札]]の[[カード]]も唱えることもできない。

2019年9月14日 (土) 11:57時点における最新版


Electrodominance / 雷電支配 (X)(赤)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。雷電支配はそれにX点のダメージを与える。あなたは、あなたの手札から点数で見たマナ・コストがX以下のカード1枚を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


点数で見たマナ・コストX以下の呪文を踏み倒して唱えられるようになった溶岩噴火/Volcanic Geyserでありその上位互換であるX火力

インスタントの汎用火力なので完全に腐ることがほぼ無く状況に応じてさまざまな使い方ができるのが利点。稲妻の一撃/Lightning Strike相当と割り切ってX=3程度で放っても十分に仕事をしてくれる。同じラヴニカの献身荒野の再生/Wilderness Reclamationと相性がよく、即死級のダメージが出る事もある。

例によってマナ・コストの無い呪文と相性がよい。予言により/As Foretoldよりも1マナ軽く、インスタント・タイミングで実現できる。マナ拘束がきつい呪文であっても無視できる所も有用。モダンではこのカードから死せる生/Living End祖先の幻視/Ancestral Visionを唱える死せる生デッキが存在する。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif