鎖を解かれしもの、ポルクラノス/Polukranos, Unchained

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Polukranos, Unchained / 鎖を解かれしもの、ポルクラノス (2)(黒)(緑)
伝説のクリーチャー — ゾンビ(Zombie) ハイドラ(Hydra)

鎖を解かれしもの、ポルクラノスは+1/+1カウンターが6個置かれた状態で戦場に出る。これは+1/+1カウンターが代わりに12個置かれた状態で脱出する。
鎖を解かれしもの、ポルクラノスの上に+1/+1カウンターが置かれている間にこれがダメージを受けるなら、そのダメージを軽減し、これの上からそれに等しい数の+1/+1カウンターを取り除く。
(1)(黒)(緑):他のクリーチャー1体を対象とする。鎖を解かれしもの、ポルクラノスはそれと格闘を行う。
脱出 ― (4)(黒)(緑),あなたの墓地から他のカード6枚を追放する。

0/0

皮肉にもエルズペス/Elspethと同様に神々の戦を利用して脱出したポルクラノス/Polukranos。首を切り落としても倍の数になって復活する伝説のゾンビハイドラ

今回はダメージ+1/+1カウンターの消費で受ける黒緑の0/0クリーチャーであり、格闘起動型能力となっている。何よりも4マナ6/6という優秀なマナレシオを持つのが強み。ダメージでどんどんサイズは縮まっていくものの、ダメージそれ自体は受けないという性質から接死などには耐性がある。1度でも戦闘で敵を葬れば悪くはなく、起動型能力の格闘もそのサイズを活かしやすい。脱出時は12/12で出てくるためその辺のドラゴン天使程度1、2回上から殴り倒せるだろう。

ダメージによらない除去への耐性は無いものの、野放しにはできないマナレシオのクリーチャーが脱出を持っている事自体が売りで、脱出時は脅威度が跳ね上がる。1枚で対処を迫るレベルの強さがあるのでドレッジ系のデッキにおけるフィニッシャーの立ち位置になり得る。逆に墓地肥やし手段の少ないデッキでは脱出コストの6枚追放は安定した捻出が難しい。

この手のカードのお約束として、オーラ装備品などで素のP/T強化したり上書きすれば格闘し続けることも可能になる。ただし、+1/+1カウンターがない状態では接死への耐性がなくなる点には注意。直後のイコリア:巨獣の棲処では変容という相性の良いメカニズムが登場している。変容によりカード名が上書きされるため、ポルクラノスをもう1体出すことも可能になる。

リミテッドでは4マナ6/6自体が強いが、対戦相手墓地対策を持たない場合ロングゲームになれば試合を終わらせる力を持つ。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] 開発秘話

元々はMark Gottliebによってレア伝説のクリーチャーとしてデザインされた。テーロス還魂記のデザイン終盤に、セット全体の総単語数が多すぎるという問題を解決するためにレアのカードの単語数を減らす俎上に乗せられたが、より単語数の少ない神話レアと入れ替えることによってテキストはそのままで収録された[1]

  • その影響によってテーロス還魂記の2色の組み合わせで黒緑だけレアが存在せず、は他の単色と比べてレアが1枚多く神話レアが1枚少ない。

[編集] ストーリー

一度はエルズペス/Elspethに討たれたものの、死の国/The Underworldからの脱出を果たしたポルクラノス/Polukranos

詳細はポルクラノス/Polukranosを参照。

[編集] 参考

  1. 単語強盗『テーロス還魂記』の章(Daily MTG 2020年1月7日)
QR Code.gif