野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Return of the Wildspeaker}}
 
{{#card:Return of the Wildspeaker}}
  
非[[人間]][[クリーチャー]]に関連する[[ドロー]]と[[全体強化]]の[[モード]]を持つ[[重い|重量級]][[インスタント]]。
+
非[[人間]][[クリーチャー]]に関連する[[引く|ドロー]]と[[全体強化]]の[[モード]]を持つ[[インスタント]]。
  
ドローは、[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]している非人間クリーチャーの最大の[[パワー]]の値だけ引く。5[[マナ]]インスタントなら3枚が適正なので、クリーチャーが残ってさえいれば適正な効率を得るのは容易であるし、莫大な[[ハンド・アドバンテージ]]を狙うことも難しくない。
+
ドローは、[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]している非人間クリーチャーの最大の[[パワー]]の値だけ引く。5[[マナ]]のインスタントなら3枚が相場だがクリーチャーの[[サイズ]]に長けた[[緑]]ならば達成は容易だし、莫大な[[ハンド・アドバンテージ]]を狙うことも難しくない。
  
 
全体強化は、非人間限定かつ[[トランプル]]のつかない[[踏み荒らし/Overrun]]。踏み荒らしと[[点数で見たマナ・コスト]]は同じだがインスタントなので奇襲性があり、トランプルがなくても十分な結果を得られることは多い。また、[[シングルシンボル]]なので[[リミテッド]]で[[タッチ]]しやすい。
 
全体強化は、非人間限定かつ[[トランプル]]のつかない[[踏み荒らし/Overrun]]。踏み荒らしと[[点数で見たマナ・コスト]]は同じだがインスタントなので奇襲性があり、トランプルがなくても十分な結果を得られることは多い。また、[[シングルシンボル]]なので[[リミテッド]]で[[タッチ]]しやすい。
  
[[カード・アドバンテージ]]の獲得と[[フィニッシャー]]としての運用を使い分けることができ、特にドローのモードが代え難い大きな魅力を備えているが、その欠点はひとえに、重いうえに自軍クリーチャーがある程度の質か量を備えている必要があるという[[腐る|腐り]]やすさに尽きる。[[]]というのもあって、非人間限定という部分はあまり気にならないだろう。
+
[[カード・アドバンテージ]]の獲得と[[フィニッシャー]]としての運用を使い分けることができ、特にドローのモードが大きな魅力を備えている。踏み荒らし自体が自軍クリーチャーがある程度の質と量を備えている前提のカードなので、デッキの構成を変えたり余計な[[スロット]]を割いたりせずに手札を補充する手段を得られるのは大きい。一方でクリーチャーがいないと[[腐る]]という欠点もそのまま。両方のモードにおいて非人間限定という制限はあるが、[[ビースト]]や[[エルフ]]など非人間が主力に多い緑においてはあまり気にならないだろう。
  
 
*Wildspeakerは[[ガラク/Garruk]]の姓であるが、[[野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker]]を踏襲してか同様に「野生語り」と訳されている。
 
*Wildspeakerは[[ガラク/Garruk]]の姓であるが、[[野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker]]を踏襲してか同様に「野生語り」と訳されている。

2019年10月13日 (日) 04:26時点における最新版


Return of the Wildspeaker / 野生語りの帰還 (4)(緑)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・あなたがコントロールしていて人間(Human)でないクリーチャーの中で最大のパワーに等しい枚数のカードを引く。
・ターン終了時まで、あなたがコントロールしていて人間でないクリーチャーは+3/+3の修整を受ける。


人間クリーチャーに関連するドロー全体強化モードを持つインスタント

ドローは、コントロールしている非人間クリーチャーの最大のパワーの値だけ引く。5マナのインスタントなら3枚が相場だがクリーチャーのサイズに長けたならば達成は容易だし、莫大なハンド・アドバンテージを狙うことも難しくない。

全体強化は、非人間限定かつトランプルのつかない踏み荒らし/Overrun。踏み荒らしと点数で見たマナ・コストは同じだがインスタントなので奇襲性があり、トランプルがなくても十分な結果を得られることは多い。また、シングルシンボルなのでリミテッドタッチしやすい。

カード・アドバンテージの獲得とフィニッシャーとしての運用を使い分けることができ、特にドローのモードが大きな魅力を備えている。踏み荒らし自体が自軍クリーチャーがある程度の質と量を備えている前提のカードなので、デッキの構成を変えたり余計なスロットを割いたりせずに手札を補充する手段を得られるのは大きい。一方でクリーチャーがいないと腐るという欠点もそのまま。両方のモードにおいて非人間限定という制限はあるが、ビーストエルフなど非人間が主力に多い緑においてはあまり気にならないだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif