野望の試練/Trial of Ambition

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Trial of Ambition / 野望の試練 (1)(黒)
エンチャント

野望の試練が戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャー1体を生け贄に捧げる。
カルトーシュ(Cartouche)が1つあなたのコントロール下で戦場に出たとき、野望の試練をオーナーの手札に戻す。


バントゥ/Bontu試練布告除去サイクル中最軽量の2マナ。共通能力により再利用できるため、ほぼ残酷な布告/Cruel Edict上位互換と言える性能。

野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambitionタフネスの低いクリーチャーを除去することで、相手が生け贄に捧げる選択肢を狭めることが出来るという点でも相性が良い。

無理にカルトーシュとの併用を考えなくても、環境によっては十分に採用できる性能で試練サイクルの中でも特に使いやすい一枚。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アモンケット神々試練サイクル。いずれもアンコモンエンチャントであり、CIP能力カルトーシュ戦場に出る手札戻る能力を持つ。

[編集] ストーリー

野望の試練/The Trial of Ambitionは、ナクタムン/Naktamun修練者/Initiateが挑む第4の試練。バントゥの碑/Bontu's Monumentにて行われる。

この試練では為すべきことを為す意志力を測る。試練ではアムムト/Ammit、振り子刃、肉食スカラベといった様々な罠や怪物に挑むが、いずれも門友/Crop-mateの誰かを犠牲にしなければ突破できない仕組みになっている。最後は玉座の間にて、1人につき1つの心臓をバントゥ/Bontuに支払わなければならない。すなわち生き残った門友同士で殺し合い、心臓を手に入れた者だけが試練達成となる。

達成した者はその証として野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambitionを授かり、最後の試練、激情の試練/The Trial of Zealに挑む権利を得る。

  • アモンケットBundle付属のPlayer's Guideには、上記のものと異なる設定が記されている。一門から10人がこの試練に参加する。この試練で求められるのは協調ではなく競争であり、先へ進めば進むほど、仲間と敵対するような心理的圧力がかかる。最後の部屋には3つの扉があり、どの扉から外に出るかによって、激情の試練における戦いの開始位置が決まる。部屋には肉食スカラベが解き放たれ、彼らに悩む時間を与えない。

[編集] 参考

QR Code.gif