送還/Unsummon

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
65行: 65行:
 
*[[応用生術/Applied Biomancy]] - 別な対象に+1/+1修整を与える事も同時にできる。緑青2マナ。([[ラヴニカの献身]])
 
*[[応用生術/Applied Biomancy]] - 別な対象に+1/+1修整を与える事も同時にできる。緑青2マナ。([[ラヴニカの献身]])
 
*[[暴君の嘲笑/Tyrant's Scorn]] - モードの片方に送還を含む。青黒2マナ。([[灯争大戦]])
 
*[[暴君の嘲笑/Tyrant's Scorn]] - モードの片方に送還を含む。青黒2マナ。([[灯争大戦]])
 +
*[[一連の消失/String of Disappearances]] - [[稲妻の連鎖/Chain Lightning]]を元にしたコピー効果を持つ。([[モダンホライゾン]])
  
 
==参考==
 
==参考==

2019年6月15日 (土) 09:54時点における最新版


Unsummon / 送還 (青)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。


クリーチャー限定のバウンス呪文ブーメラン/Boomerangと共にのバウンスの基本カードであり、これを基にしてさまざまなバリエーションが作られている。

マナ・コストが1マナと非常に軽い反面、手札戻すだけと若干効果としては弱い。対戦相手のクリーチャーを排除する手段としては、対戦相手はまた唱え直すことで簡単に元通りにできてしまうため、根本的な解決にはなっていない。ただし、一時的にでも戦場からそのクリーチャーをどかしたい場面なら、十分に優秀。

いわば、カード・アドバンテージでは損はしてしまうが、そのぶんテンポ・アドバンテージを得られる疑似除去カードと言える。この使い方を理解できれば、初心者から一歩前進といえるだろう。

また、自分のクリーチャーを除去などから「救出」することも可能。このとき、対戦相手がカードを使っている場合、アドバンテージの損得は無い。ただしその場合、今度は自分がそのクリーチャーを唱え直さねばならないぶんだけテンポを損なっている点には注意が必要である。

以上のように小回りは利くものの、構築では効果そのものの小ささや腐る危険から、特殊なデッキやメタゲームによって採用される程度。例えばヘイトレッドの先手2ターンキルを妨害する対策カードとして、メインデッキから投入された実績もある。オデッセイ前後のスレッショルドを利用した青緑ビートダウンでも、スレッショルド達成の貢献とマッドネス持ちやトークンへの対策として採用されていた。また、スペイン選手権10青赤ルーン炎に採用されていた実績がある。イニストラード・ブロック前後の環境でも、瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageと共に採用されている。基本セット2019期ではテンポカードとして青単アグロに3~4枚挿された。

またリミテッドでは上のような状況が多発するため、かなり小回りが効く、使いやすいカードと言える。相手クリーチャーのバウンスや、自分のクリーチャーと絡めてコンバット・トリックにと攻防に使える。ただし当て逃げができなくなったためやや弱体化した。

Not to be. That is the answer.

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

クリーチャー限定のバウンス呪文の亜種。特筆の無い限り、いずれもインスタントである。

戻せるのがパーマネント全般のものはブーメラン/Boomerangを、土地以外のパーマネントのものは分散/Disperseを、キャントリップ付きのものは送還のシンボル/Symbol of Unsummoningの項を、2体以上を対象とするものは再帰/Undoを、187クリーチャー版は大クラゲ/Man-o'-Warの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif