軍勢の戦親分/Legion Warboss

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(MTGAのアップデートによる調整と、トークンによる友情コンボについて)
 
9行: 9行:
 
[[モダン]]以下の[[フォーマット]]ではゴブリンの熟練扇動者と共に「8ラブル」体制を築くことができ、同じく[[ラヴニカのギルド]]で登場した[[ゴブリンのクレーター掘り/Goblin Cratermaker]]と共に[[ゴブリン (デッキ)|ゴブリンデッキ]]を強化した。[[レガシー]]でも[[赤単プリズン]]の新戦力として採用されている。
 
[[モダン]]以下の[[フォーマット]]ではゴブリンの熟練扇動者と共に「8ラブル」体制を築くことができ、同じく[[ラヴニカのギルド]]で登場した[[ゴブリンのクレーター掘り/Goblin Cratermaker]]と共に[[ゴブリン (デッキ)|ゴブリンデッキ]]を強化した。[[レガシー]]でも[[赤単プリズン]]の新戦力として採用されている。
  
*トークンの強制攻撃は相手に利用されやすい。[[激昂]]を繰り返し誘発したり、[[絆魂]]でライフゲインされるなど。
+
*攻撃強制のご多分に漏れず、トークンの攻撃が[[対戦相手]]に有効利用され得る点には注意。[[絆魂]]により[[回復]]させてしまったり、「[[ブロック (ルール用語)|ブロック]]するたび」「[[ダメージ]]が与えらるたび」などの[[誘発条件]]を持った能力を[[誘発]]させかねない。特にスタンダードで同居している[[激昂]]持ちは天敵。それらが[[ブロッカー]]として立ち塞がっているなら、[[戦闘前メイン・フェイズ|戦闘前]]ではなく[[戦闘後メイン・フェイズ]]に出して被害を抑えるなどの[[プレイング]]が重要となる。
 
+
 
*ゴブリンの熟練扇動者と同様に、トークンが出るのを阻止したい場合は[[戦闘前メイン・フェイズ]]の間にこれを[[除去]]する必要がある。確認せずに[[戦闘フェイズ]]に入るとトラブルを招くこともあるので、[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]しているときの[[ターン]]進行は丁寧に行おう。
 
*ゴブリンの熟練扇動者と同様に、トークンが出るのを阻止したい場合は[[戦闘前メイン・フェイズ]]の間にこれを[[除去]]する必要がある。確認せずに[[戦闘フェイズ]]に入るとトラブルを招くこともあるので、[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]しているときの[[ターン]]進行は丁寧に行おう。
**ターンが自動進行する[[Magic: The Gathering Arena]]では、除去タイミングを逸してトークン生成を許してしまうケースが頻発していた。フェイズ移動の前にチェックを入れておくなどが必要だったが、後のアップデートで自動で止まってくれるようになった。
+
**ターンが自動進行する[[Magic: The Gathering Arena]]では、除去タイミングを逸してトークン生成を許してしまうケースが頻発していた。フェイズ移動の前にチェックを入れておくなどが必要だったが、後のアップデートにより[[戦闘開始ステップ]]に誘発する能力が存在する場合にはメイン・フェイズ中に自動で止まってくれるようになった。
<!-- Ctrlキーを押してフルコントロールモードにするか、[[対戦相手]]側の[[戦闘前メイン・フェイズ]]のシンボルをクリックすることでフェイズ終了時の[[優先権]]を得ることができるので覚えておこう。-->
+
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[ボロス軍/Boros Legion]]([[背景世界/ストーリー用語]])
 
*[[ボロス軍/Boros Legion]]([[背景世界/ストーリー用語]])
 
*[[カード個別評価:ラヴニカのギルド]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:ラヴニカのギルド]] - [[レア]]

2019年9月11日 (水) 20:49時点における最新版


Legion Warboss / 軍勢の戦親分 (2)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 兵士(Soldier)

教導(このクリーチャーが攻撃するたび、パワーがこれよりも小さい攻撃クリーチャー1体を対象とする。それの上に+1/+1カウンターを1個置く。)
あなたのターンの戦闘の開始時に、赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを1体生成する。ターン終了時まで、そのトークンは速攻を得る。この戦闘で、そのトークンは可能なら攻撃する。

2/2

ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemasterの流れを汲む、毎ターンゴブリントークン生成するゴブリン・兵士

ボロス軍による教育の賜物なのか、生み出したトークンの攻撃強制は生成したターンのみ。また、熟練扇動者が持っていた自己強化能力教導になっており、生み出したトークンを強化することで継続的な打点を稼げる有能な親分である。

登場時点のスタンダードではボロス教導を始めとする絡みのデッキに幅広く採用され、環境のアグロを代表するカードとなっている。特に包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderと相性が良く、生み出したトークンを次々と投げてフィニッシュできるため併用されることが多い。3マナ軽めの割に最終的なクロックが爆発的に伸びるため、ノンクリーチャージェスカイ・コントロールサイドボードから投入してくる場合もある(→アグレッシブ・サイドボーディング)。

モダン以下のフォーマットではゴブリンの熟練扇動者と共に「8ラブル」体制を築くことができ、同じくラヴニカのギルドで登場したゴブリンのクレーター掘り/Goblin Cratermakerと共にゴブリンデッキを強化した。レガシーでも赤単プリズンの新戦力として採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif