跳ねる混成体/Bounding Krasis

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bounding Krasis / 跳ねる混成体 (1)(緑)(青)
クリーチャー — 魚(Fish) トカゲ(Lizard)

瞬速(あなたはこの呪文を、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも唱えてよい。)
跳ねる混成体が戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする。あなたはそれをタップまたはアンタップしてもよい。

3/3

3マナ3/3瞬速、さらにクリーチャー限定のぐるぐる/TwiddleCIPで内蔵するクリーチャー。

十分なマナレシオにメリット能力2つと、多色カードらしくコスト・パフォーマンスは高い。さらにその2つの能力が噛み合っており、インスタント・タイミング唱えられることにより相手の攻撃の妨害や、攻撃宣言後にブロッカーアンタップさせてブロックしたり、タップ能力を奇襲的に再利用したりと幅広く応用が効く。

スタンダードでは集合した中隊/Collected Companyデッキで活躍している。ブロッカー排除の他、ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigyを1ターン早く変身させるなど小回りの利く動きを見せる。

また、この手のCIP能力を持つクリーチャーの常として、欠片の双子/Splinter Twin鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breakerと組み合わせると無限トークンを生み出せる。実際、モダン欠片の双子デッキの中でもビートダウンの比重が相対的に大きいTempo Twin型やタルモツイン型で少数採用された実績がある。残念ながらモダンで欠片の双子が禁止カードとなって以降、この手のデッキは数を減らし、このカードもまた目立った活躍は挙げられていない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

マジック・オリジンの、アンコモンの2クリーチャーサイクル。マジック・オリジンの舞台である10の次元/Planeに対応している。

[編集] 参考

QR Code.gif