足首裂き/Ankle Shanker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ankle Shanker / 足首裂き (2)(赤)(白)(黒)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 狂戦士(Berserker)

速攻
足首裂きが攻撃するたび、ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは先制攻撃と接死を得る。

2/2

攻撃するたびに自軍の攻撃クリーチャー全体に先制攻撃接死を与えるクリーチャー

自身のマナレシオは低いものの、先制攻撃と接死の組み合わせは非常に強力で、ほとんどのブロッカーを一方的に倒せるようになる。事実上ブロックされないのと同義になる場面も多い。

リミテッドではエンドカードマルドゥ小型クリーチャーを多数展開する戦略ともよく噛みあっており、対戦相手の戦線をズタズタにできるだろう。

構築では除去耐性の低さが難点。アグロ系のデッキに入れるには5マナ重く、このトークンを展開するデッキであれば、トークンを生け贄として活かすことができる軍族の解体者/Butcher of the Hordeが競合相手になるか。

[編集] ストーリー

足首裂き/Ankle Shankerマルドゥ族/The Mardu Hordeの戦士に与えられる戦名/War nameの一つ。フレイバー・テキストから推測するに、小柄な体格を活かして敵の足首を攻撃するゴブリンの戦士に与えられるものなのだろう。

戦士の体躯の大小は、与える傷の深さに比べればさしたる問題ではない。

作中では、この戦名を持つゴブリンとしてヤシミン/Yasiminが登場している。詳細は薬瓶砕き/Vial Smasherを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif