詭謀+奇策/Connive+Concoct

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
4行: 4行:
  
 
詭謀は永続的で[[支配魔法/Control Magic]]のようにコントロールを取り返される心配はないが、条件に合致するクリーチャーは3[[マナ]]以下となることが多いので[[テンポ・アドバンテージ]]は得にくい。
 
詭謀は永続的で[[支配魔法/Control Magic]]のようにコントロールを取り返される心配はないが、条件に合致するクリーチャーは3[[マナ]]以下となることが多いので[[テンポ・アドバンテージ]]は得にくい。
 +
 +
一方で[[システムクリーチャー]]のほとんどはパワーが2以下であり、[[諜報]]とシナジーする[[リアニメイト]]をデッキに加えつつ、状況によって厄介なクリーチャーを排除できるのはなかなか便利。永続奪取としてはコスト・色拘束共に緩く、腐りにくいのも〇。
  
 
奇策は[[諜報]]を行った上でのリアニメイト。[[対象]]を選ばず、[[墓地]]をすべて[[追放]]されたとしても諜報で[[クリーチャー]]・[[カード]]を落とせばよいため[[墓地対策]]に強い。
 
奇策は[[諜報]]を行った上でのリアニメイト。[[対象]]を選ばず、[[墓地]]をすべて[[追放]]されたとしても諜報で[[クリーチャー]]・[[カード]]を落とせばよいため[[墓地対策]]に強い。

2019年12月3日 (火) 16:14時点における最新版


Connive / 詭謀 (2)(青/黒)(青/黒)
ソーサリー

パワーが2以下のクリーチャー1体を対象とし、それのコントロールを得る。

Concoct / 奇策 (3)(青)(黒)
ソーサリー

諜報3を行い、その後、あなたの墓地からクリーチャー・カード1枚を戦場に戻す。


ラヴニカのギルドレア分割カードサイクルディミーア家/House Dimirコントロール奪取か、リアニメイト

詭謀は永続的で支配魔法/Control Magicのようにコントロールを取り返される心配はないが、条件に合致するクリーチャーは3マナ以下となることが多いのでテンポ・アドバンテージは得にくい。

一方でシステムクリーチャーのほとんどはパワーが2以下であり、諜報とシナジーするリアニメイトをデッキに加えつつ、状況によって厄介なクリーチャーを排除できるのはなかなか便利。永続奪取としてはコスト・色拘束共に緩く、腐りにくいのも〇。

奇策は諜報を行った上でのリアニメイト。対象を選ばず、墓地をすべて追放されたとしても諜報でクリーチャーカードを落とせばよいため墓地対策に強い。

リミテッドでは、青黒のカードとしては珍しくどちらの側もボード・アドバンテージを得られるため、が合うならピックしておきたい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドラヴニカの献身レア分割カードサイクル。左半分がダブルシンボル混成カード、右半分が多色カードになっている。

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

左半分のイラストにはレアの伝説のクリーチャーサイクル、右半分のイラストにはギルド指導者サイクルから、それぞれ対応するギルド/Guildのキャラクターが描かれている。

[編集] 参考

QR Code.gif