解決中に呪文を唱える

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
ブラー (トーク | 投稿記録)
(ページの作成:「呪文能力解決中に他の呪文を唱えるよう指示する効果がある。 {{#card:Aetherworks Marvel}} {{#card:Electrodominance}} [[...」)

2019年9月14日 (土) 11:41時点における最新版

呪文能力解決中に他の呪文を唱えるよう指示する効果がある。


Aetherworks Marvel / 霊気池の驚異 (4)
伝説のアーティファクト

あなたがコントロールするパーマネントが1つ墓地に置かれるたび、あなたは(E)(エネルギー・カウンター1個)を得る。
(T),(E)(E)(E)(E)(E)(E)を支払う:あなたのライブラリーの一番上からカードを6枚見る。あなたはその中からカード1枚を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。



Electrodominance / 雷電支配 (X)(赤)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。雷電支配はそれにX点のダメージを与える。あなたは、あなたの手札から点数で見たマナ・コストがX以下のカード1枚を、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


プレイヤーは、ルールや効果によって唱えることが認められていない限り、呪文を唱え始めることはできない(CR:601.3)。通常、呪文を唱えられるタイミングは、カード・タイプごとにルールによって許可されているが、呪文や能力の解決中に効果が呪文を唱えるよう指示しているなら、ルールによる許可以外のタイミングでも呪文を唱えることができる。

タイミングが異なる以外は通常の唱える手順に従ってその呪文を唱える。唱えた呪文は、スタック上で現在解決を行っている呪文や能力の上に積まれることになる。解決も通常の呪文と同じで、現在解決を行っている呪文や能力の解決を終えた後、優先権のやり取りが発生し対応することもできるし打ち消されることもある。

未来予知/Future Sightのような常在型能力による継続的効果や、衝動的な行動/Act on Impulseなどの「ターン終了時まで」「このカードが追放されている限り」などの期間が示されている効果は、手札以外の領域から呪文を唱えることを許可しているだけで呪文を唱えるタイミングを変更しているわけではない。これらの効果により呪文を唱えるときは、そのカード・タイプのルールによる許可に従って唱える必要がある。

  • 通常の唱えられるタイミングのルールとして、インスタント優先権を持っていれば手札から唱えることができる。ソーサリーパーマネント呪文は、優先権を持っており、自分のメイン・フェイズで、スタックが空の間に手札から唱えることができる。
    • インスタントとソーサリー他の違いを説明するために「自分のメイン・フェイズ中でスタックが空で無いと唱えることができない」という表現が使われることが多いが、厳密にはタイミングが異なるだけでどちらも唱えることを「できる」とするルールである。
  • アップキープ中や相手ターンに発揮される解決中に呪文を唱える効果に対して、初心者は「このタイミングではインスタント以外は唱えられない」という勘違いをすることが多いが、呪文や能力の解決中はプレイヤーは優先権を得ることは無いためインスタント・タイミングでも無い。効果が唱えることを許可しているため、カード・タイプのルールとは別口で唱えることができる。
  • 法の定め/Rule of Law時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Ravelerなどその呪文を唱えることをできないとする効果があるなら、効果が呪文を唱えることを許可していても唱えることはできない(マジックの黄金律)。
  • 唱える最中に誘発した誘発型能力は、現在解決を行っている呪文や能力が解決した後、優先権を得る際にまとめてスタックに置かれる。
  • 解決中に複数の呪文を唱えるよう指示されている場合、好きな順番で呪文を1つづつ唱えていく。呪文を唱える手順を複数並行して行うことはない。
  • 他の呪文や能力の解決中に自身を唱えることを許可するカードとして、氷河跨ぎのワーム/Panglacial Wurmが存在する。

[編集] 解決中に呪文を唱えることを許可するキーワード能力

[編集] 参考

引用:総合ルール 20190823.1

QR Code.gif