血に飢えた刃/Bloodthirsty Blade

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
[[対戦相手]]の[[クリーチャー]]を[[使嗾]]する[[装備品]]。
 
[[対戦相手]]の[[クリーチャー]]を[[使嗾]]する[[装備品]]。
  
{{未評価|統率者2019}}
+
使嗾を扱う[[カード]]の例に漏れず、[[無差別戦]]の[[多人数戦]]で真価を発揮する[[カード]]。使嗾の特性上「[[擬似除去]]+[[クロック]]増加」のような[[効果]]を得られ、なおかつ[[デッキカラー]]を選ばず、[[つける|つけ]]替えによって柔軟な運用が可能、おまけに各[[コスト]]も[[軽い|軽く]]扱いやすい。総合的に見て、多人数戦向け[[アーティファクト]]としてはかなり優秀な一品に仕上がっている。ただし、残り[[プレイヤー]]が自分を含めた2人になると擬似除去としては機能しなくなる点には注意。必要なら[[サクり台]]などのアフターケアを用意しておきたい。
  
 
*[[創意工夫の傑作/Masterwork of Ingenuity]]に続く[[キーワード能力]]「[[装備]]」を持たない装備品。
 
*[[創意工夫の傑作/Masterwork of Ingenuity]]に続く[[キーワード能力]]「[[装備]]」を持たない装備品。

2019年9月13日 (金) 18:38時点における最新版


Bloodthirsty Blade / 血に飢えた刃 (2)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+2/+0の修整を受け、常に使嗾される。(それは可能なら各戦闘で攻撃し、可能ならあなたでないプレイヤーを攻撃する。)
(1):対戦相手がコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、血に飢えた刃をそれにつける。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


対戦相手クリーチャー使嗾する装備品

使嗾を扱うカードの例に漏れず、無差別戦多人数戦で真価を発揮するカード。使嗾の特性上「擬似除去+クロック増加」のような効果を得られ、なおかつデッキカラーを選ばず、つけ替えによって柔軟な運用が可能、おまけに各コスト軽く扱いやすい。総合的に見て、多人数戦向けアーティファクトとしてはかなり優秀な一品に仕上がっている。ただし、残りプレイヤーが自分を含めた2人になると擬似除去としては機能しなくなる点には注意。必要ならサクり台などのアフターケアを用意しておきたい。

[編集] 参考

QR Code.gif