蜘蛛

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
{{#card:Giant Spider}}
 
{{#card:Giant Spider}}
 
{{#card:Silklash Spider}}
 
{{#card:Silklash Spider}}
{{#card:Stingerfling Spider}}
+
{{#card:Ishkanah, Grafwidow}}
  
 
初出は[[リミテッド・エディション]]の[[大蜘蛛/Giant Spider]]。大蜘蛛は[[基本セット]]の最長[[皆勤賞]][[カード]]であり、また大蜘蛛が収録されていない場合でもクリーチャー・タイプとしては皆勤の状態が続いている。共通する[[能力]](後述)やフレイバーが緑の[[カラーパイ]]に合致するためか、あまりブランクを生じることなくコンスタントに登場し続けている。
 
初出は[[リミテッド・エディション]]の[[大蜘蛛/Giant Spider]]。大蜘蛛は[[基本セット]]の最長[[皆勤賞]][[カード]]であり、また大蜘蛛が収録されていない場合でもクリーチャー・タイプとしては皆勤の状態が続いている。共通する[[能力]](後述)やフレイバーが緑の[[カラーパイ]]に合致するためか、あまりブランクを生じることなくコンスタントに登場し続けている。
15行: 15行:
 
蜘蛛・[[トークン]]を[[生成]]する[[カード]]には[[鬱後家蜘蛛の饗宴/Gloomwidow's Feast]]や[[名高い織り手/Renowned Weaver]]など複数あるが、いずれの場合もトークンの性能は「タフネスが高く到達持ち」。イメージが徹底されている。(→[[トークン一覧]])
 
蜘蛛・[[トークン]]を[[生成]]する[[カード]]には[[鬱後家蜘蛛の饗宴/Gloomwidow's Feast]]や[[名高い織り手/Renowned Weaver]]など複数あるが、いずれの場合もトークンの性能は「タフネスが高く到達持ち」。イメージが徹底されている。(→[[トークン一覧]])
  
[[伝説の]]蜘蛛は[[統率者2018]]現在、[[墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow]]と[[戦争織り、タンティス/Thantis, the Warweaver]]の2枚。
+
[[伝説の]]蜘蛛は[[テーロス還魂記]]現在、[[墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow]]と[[戦争織り、タンティス/Thantis, the Warweaver]]と[[終わりなき巣網のアラスタ/Arasta of the Endless Web]]の3枚。
  
 
*蜘蛛に変化するカードには[[隠れたる蜘蛛/Hidden Spider]]がある。
 
*蜘蛛に変化するカードには[[隠れたる蜘蛛/Hidden Spider]]がある。

2020年1月16日 (木) 16:20時点における最新版

蜘蛛/Spiderは、クリーチャー・タイプの1つ。


Giant Spider / 大蜘蛛 (3)(緑)
クリーチャー — 蜘蛛(Spider)

到達(このクリーチャーは飛行を持つクリーチャーをブロックできる。)

2/4


Silklash Spider / 絹鎖の蜘蛛 (3)(緑)(緑)
クリーチャー — 蜘蛛(Spider)

到達
(X)(緑)(緑):絹鎖の蜘蛛は飛行を持つ各クリーチャーにそれぞれX点のダメージを与える。

2/7


Ishkanah, Grafwidow / 墓後家蜘蛛、イシュカナ (4)(緑)
伝説のクリーチャー — 蜘蛛(Spider)

到達
昂揚 ― 墓後家蜘蛛、イシュカナが戦場に出たとき、あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれる場合、到達を持つ緑の1/2の蜘蛛(Spider)クリーチャー・トークンを3体生成する。
(6)(黒):対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはあなたがコントロールする蜘蛛1体につき1点のライフを失う。

3/5

初出はリミテッド・エディション大蜘蛛/Giant Spider。大蜘蛛は基本セットの最長皆勤賞カードであり、また大蜘蛛が収録されていない場合でもクリーチャー・タイプとしては皆勤の状態が続いている。共通する能力(後述)やフレイバーが緑のカラーパイに合致するためか、あまりブランクを生じることなくコンスタントに登場し続けている。

主にかそれを含む多色に存在する。緑でない蜘蛛は次元の混乱針先の蜘蛛/Needlepeak Spiderと、無色アーティファクト・クリーチャーである機械蜘蛛/Arachnoidのみ。

総じてパワーよりもタフネスが高い。を張って待ち伏せし、空飛ぶ虫を捕食するイメージからか、ほとんどは到達飛行対策の能力を持つ。到達がキーワード能力として制定される以前は、蜘蛛にちなんで「蜘蛛能力」という通称で呼ばれていた。

部族カードは、蜘蛛のタップコストとする能力を持つアラクナスの紡ぎ手/Arachnus Spinnerや、昆虫ネズミリスと兼用の部族専用土地である群がりの庭/Swarmyard、蜘蛛以外の戦闘ダメージ軽減するインスタント蜘蛛の襲来/Arachnogenesisが存在する。伝説の蜘蛛である墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidowコントロールしている蜘蛛の数を参照する。

蜘蛛・トークン生成するカードには鬱後家蜘蛛の饗宴/Gloomwidow's Feast名高い織り手/Renowned Weaverなど複数あるが、いずれの場合もトークンの性能は「タフネスが高く到達持ち」。イメージが徹底されている。(→トークン一覧

伝説の蜘蛛はテーロス還魂記現在、墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow戦争織り、タンティス/Thantis, the Warweaver終わりなき巣網のアラスタ/Arasta of the Endless Webの3枚。

[編集] 参考

QR Code.gif