蘇生の印/Death Ward

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Death Ward / 蘇生の印 (白)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを再生する。


の「防御」の特質を表現するようなインスタント。死ぬはずだったクリーチャー再生で救出する。

再生不可の除去には対処できないという弱点もあるが、インスタントなので奇襲性が高いのは魅力。

使い捨てのため、再生を標準で持つクリーチャーに比べれば多少割に合わないが、どんなクリーチャーでも再生できる点はそれなりに価値は高い。

  • 英語版のカード名には"Ward"の単語が含まれているが、護法印(英語ではこちらもWard)との関係はない。英語名は「死(Death)から護る(Ward)」という意味合いだが、日本語翻訳はうまく訳語を変えてある。
  • 版がかなり後世になって登場している。→ 繕いの接触/Mending Touch

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

クリーチャーを破壊から守る白のインスタント。白のものは再生よりも後に登場した破壊不能付与の方が主となっている。太字が再生するもの。

の亜種は再びの生/Regenerateを、の亜種は弱点消し/Without Weaknessを、プロテクションによって守るものは歯止め/Stave Off参照。

[編集] 参考

QR Code.gif