蔓延する蛮行/Widespread Brutality

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
9行: 9行:
 
*[[自分]]以外の[[コントロール (ゲーム用語)|コントロール]]する軍団にもダメージが与えられないことには注意。
 
*[[自分]]以外の[[コントロール (ゲーム用語)|コントロール]]する軍団にもダメージが与えられないことには注意。
  
 +
==関連カード==
 
===サイクル===
 
===サイクル===
  

2019年12月4日 (水) 22:35時点における版


Widespread Brutality / 蔓延する蛮行 (1)(黒)(赤)(赤)
ソーサリー

動員2を行う。その後、あなたが動員したその軍団(Army)はそれのパワーに等しい点数のダメージを軍団でない各クリーチャーにそれぞれ与える。(動員2を行うとは「あなたがコントロールしている軍団1体の上に+1/+1カウンターを2個置く。あなたが軍団をコントロールしていないなら、その前に、黒の0/0のゾンビ(Zombie)・軍団クリーチャー・トークンを1体生成する。」ということである。)


動員2後、その動員した軍団戦場の各クリーチャーダメージ与えるソーサリー

これ単体でも4マナ紅蓮地獄/Pyroclasm相当の全体除去+2/2のクリーチャー・トークンというなかなかのコスト・パフォーマンスである。既にある程度育った軍団がいれば大ダメージの全体除去となり、残った軍団で速やかに攻撃を行う事ができる。戦慄衆の侵略/Dreadhorde Invasionとの相性は言うまでも無く、構築では動員デッキでのリセットとして活躍が期待できる。一般的なリセットカードと異なり対戦相手コントロールデッキであっても腐らないのは嬉しい。

動員を行うカードはグリクシスカラーの中でもに多いため、ダブルシンボルを要求する事はややネック。

関連カード

サイクル

灯争大戦の、異なる色のマナ1点と2点の組み合わせをマナ・コストに含む多色レアサイクル。各色の組み合わせにつき1枚ずつ存在するが、白黒には存在せず、青緑のみ神話レアとなっている。

参考

QR Code.gif