若き紅蓮術士/Young Pyromancer

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(上陸でトークン生成はありふれた能力。割愛は妥当)
 
7行: 7行:
 
[[モダン]]や[[レガシー]]でも[[Delver-Go]]などで採用される。[[スタンダード]]よりも軽量・優秀な呪文が多いため、トークン生成速度が跳ね上がる。特に[[目くらまし/Daze]]などの[[ピッチスペル]]との相性は抜群。
 
[[モダン]]や[[レガシー]]でも[[Delver-Go]]などで採用される。[[スタンダード]]よりも軽量・優秀な呪文が多いため、トークン生成速度が跳ね上がる。特に[[目くらまし/Daze]]などの[[ピッチスペル]]との相性は抜群。
  
[[モダン]]では[[上位種]]ともいえる[[僧院の導師/Monastery Mentor]]の登場や、[[ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe]]の禁止によるデルバー系デッキの退潮などもあって利用率は登場時よりも下がっていたが、[[イクサランの相克]]の参入後は自らの名前を冠した[[白黒赤コントロール#.E8.8B.A5.E3.81.8D.E7.B4.85.E8.93.AE.E8.A1.93.E5.A3.AB.E5.9E.8B|マルドゥ・パイロマンサー]]が実績を残すなど近年は再評価が見られる。
+
[[モダン]]では[[上位種]]ともいえる[[僧院の導師/Monastery Mentor]]の登場や、[[ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe]]の禁止によるデルバー系デッキの退潮などもあって利用率は登場時よりも下がっていたが、[[イクサランの相克]]の参入後は自らの名前を冠した[[白黒赤コントロール#若き紅蓮術士型|マルドゥ・パイロマンサー]]が実績を残すなど近年は再評価が見られる。
 +
 
 
==主な亜種==
 
==主な亜種==
特定の[[特性]]のカードの[[プレイ]]等に[[誘発]]してクリーチャー・トークンを生成するパーマネント。特記しない限りクリーチャーで、トークンは1/1。'''太字'''は唱えた時でなく「[[戦場に出る]]たび」の誘発。[[上陸]]は割愛。
+
特定の[[特性]]のカードの[[プレイ]]等に[[誘発]]してクリーチャー・トークンを生成するパーマネント。特記しない限りクリーチャーで、トークンは1/1。'''太字'''は唱えた時でなく「[[戦場に出る]]たび」の誘発。
 
*'''[[ワイアウッドの養虫人/Wirewood Hivemaster]]''' - (1)(緑)1/1。条件はトークンでない[[エルフ]]で、[[対戦相手]]のものでも誘発。[[緑]]の[[昆虫]]。([[レギオン]])
 
*'''[[ワイアウッドの養虫人/Wirewood Hivemaster]]''' - (1)(緑)1/1。条件はトークンでない[[エルフ]]で、[[対戦相手]]のものでも誘発。[[緑]]の[[昆虫]]。([[レギオン]])
 
**[[天を裂くもの、央誉飛/Oyobi, Who Split the Heavens]] - (6)(白)3/6[[飛行]]。条件は[[スピリット]]か[[秘儀]]。[[白]]の3/3飛行スピリット。([[神河謀叛]])
 
**[[天を裂くもの、央誉飛/Oyobi, Who Split the Heavens]] - (6)(白)3/6[[飛行]]。条件は[[スピリット]]か[[秘儀]]。[[白]]の3/3飛行スピリット。([[神河謀叛]])
25行: 26行:
 
*[[空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne]] - (3)(白)(白)エンチャント。条件はエンチャント。白の4/4飛行[[天使]]。([[コンフラックス]])
 
*[[空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne]] - (3)(白)(白)エンチャント。条件はエンチャント。白の4/4飛行[[天使]]。([[コンフラックス]])
 
**'''[[アジャニに選ばれし者/Ajani's Chosen]]''' - (2)(白)(白)3/3。条件はエンチャント。白の2/2[[猫]]。[[オーラ]]ならそのトークンにつけ直しても良い。([[基本セット2014]])
 
**'''[[アジャニに選ばれし者/Ajani's Chosen]]''' - (2)(白)(白)3/3。条件はエンチャント。白の2/2[[猫]]。[[オーラ]]ならそのトークンにつけ直しても良い。([[基本セット2014]])
**'''[[太陽の恵みの執政官/Archon of Sun's Grace]]''' - (2)(白)(白)3/4飛行絆魂。条件はエンチャント。白の2/2ペガサス。([[テーロス還魂記]])
+
**'''[[太陽の恵みの執政官/Archon of Sun's Grace]]''' - (2)(白)(白)3/4飛行絆魂。条件はエンチャント。白の2/2飛行のペガサス。([[テーロス還魂記]])
 
**'''[[ピレアス号の艦長、シオーナ/Siona, Captain of the Pyleas]]''' - (1)(白)(緑)2/2。条件は[[オーラ]]があなたのクリーチャーに[[つけ]]られるたび。白の人間・[[兵士]]。(テーロス還魂記)
 
**'''[[ピレアス号の艦長、シオーナ/Siona, Captain of the Pyleas]]''' - (1)(白)(緑)2/2。条件は[[オーラ]]があなたのクリーチャーに[[つけ]]られるたび。白の人間・[[兵士]]。(テーロス還魂記)
 
*[[凪魔道士の導師/Lullmage Mentor]] - (1)(青)(青)2/2。条件はあなたの呪文か[[能力]]が呪文を[[打ち消す]]たび。青のマーフォーク。([[ゼンディカー]])
 
*[[凪魔道士の導師/Lullmage Mentor]] - (1)(青)(青)2/2。条件はあなたの呪文か[[能力]]が呪文を[[打ち消す]]たび。青のマーフォーク。([[ゼンディカー]])
 +
*'''[[エメリアの天使/Emeria Angel]]''' - (2)(白)(白)3/3飛行。条件は土地。白の飛行をもつ鳥。(ゼンディカー)
 +
**'''[[猛り狂うベイロス/Rampaging Baloths]]''' - (3)(緑)(緑)6/6トランプル。条件は土地。緑の4/4のビースト。(ゼンディカー)
 +
**'''[[胞子塚/Sporemound]]''' - (3)(緑)(緑)3/3。条件は土地。緑の苗木。([[基本セット2014]])
 +
**'''[[ゼンディカーの乱動/Zendikar's Roil]]''' - (3)(緑)(緑)エンチャント。条件は土地。緑の2/2のエレメンタル。([[マジック・オリジン]])
 +
**'''[[エメリアへの撤退/Retreat to Emeria]]''' - (3)(白)エンチャント。条件は土地。白の[[コー]]・[[同盟者]]。([[戦乱のゼンディカー]])
 +
**'''[[アクームの石覚まし/Akoum Stonewaker]]''' - (1)(赤)2/1。条件は土地で、加えて(2)(赤)を支払う。赤の3/1トランプル速攻、終了ステップに追放。(戦乱のゼンディカー)
 +
**'''[[怒りの座、オムナス/Omnath, Locus of Rage]]''' - (3)(赤)(赤)(緑)(緑)5/5。条件は土地。[[赤緑]]の5/5エレメンタル。(戦乱のゼンディカー)
 +
**'''[[巣ごもりドラゴン/Nesting Dragon]]''' - (3)(赤)(赤)5/4飛行。条件は土地。[[ドラゴンの卵/Dragon Egg]]と同性能トークン。([[統率者2018]])
 +
**'''[[死者の原野/Field of the Dead]]''' - 土地。条件は土地で、更に条件付き。黒の2/2ゾンビ。([[基本セット2020]])
 
*[[マイア鍛冶/Myrsmith]] - (1)(白)2/1。条件はアーティファクトだが、そのたびに(1)を支払う必要がある。マイア・アーティファクト・クリーチャー。([[ミラディンの傷跡]])
 
*[[マイア鍛冶/Myrsmith]] - (1)(白)2/1。条件はアーティファクトだが、そのたびに(1)を支払う必要がある。マイア・アーティファクト・クリーチャー。([[ミラディンの傷跡]])
 
**[[ゴーレムの鋳造所/Golem Foundry]] - (3)アーティファクト。条件はアーティファクトで、これの上に置かれる[[蓄積カウンター]]を3つ支払って生成。3/3の[[ゴーレム]]・アーティファクト。(ミラディンの傷跡)
 
**[[ゴーレムの鋳造所/Golem Foundry]] - (3)アーティファクト。条件はアーティファクトで、これの上に置かれる[[蓄積カウンター]]を3つ支払って生成。3/3の[[ゴーレム]]・アーティファクト。(ミラディンの傷跡)

2020年2月14日 (金) 21:45時点における最新版


Young Pyromancer / 若き紅蓮術士 (1)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

あなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、赤の1/1のエレメンタル(Elemental)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

2/1

トークン生成能力を持つウィニークリーチャー

2マナ2/1の標準性能に加えて、アドバンテージを得られる能力まで持っているのは優秀。クリーチャーだけでなく火力も多用する、スライバーン寄りのデッキなどに向いている。唱える呪文でなくても良いので、リミテッドでも充分な活躍が期待できる。

モダンレガシーでもDelver-Goなどで採用される。スタンダードよりも軽量・優秀な呪文が多いため、トークン生成速度が跳ね上がる。特に目くらまし/Dazeなどのピッチスペルとの相性は抜群。

モダンでは上位種ともいえる僧院の導師/Monastery Mentorの登場や、ギタクシア派の調査/Gitaxian Probeの禁止によるデルバー系デッキの退潮などもあって利用率は登場時よりも下がっていたが、イクサランの相克の参入後は自らの名前を冠したマルドゥ・パイロマンサーが実績を残すなど近年は再評価が見られる。

[編集] 主な亜種

特定の特性のカードのプレイ等に誘発してクリーチャー・トークンを生成するパーマネント。特記しない限りクリーチャーで、トークンは1/1。太字は唱えた時でなく「戦場に出るたび」の誘発。

ドローするものは垣間見る自然/Glimpse of Natureの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif