芽吹く更生/Sprouting Renewal

提供:MTG Wiki

2020年2月10日 (月) 22:06時点におけるTaxin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Sprouting Renewal / 芽吹く更生 (2)(緑)
ソーサリー

召集(あなたのクリーチャーが、この呪文を唱える助けとなる。この呪文を唱える段階であなたがタップした各クリーチャーは、(1)かそのクリーチャーの色のマナ1点を支払う。)
以下から1つを選ぶ。
・警戒を持ち緑でも白でもある2/2のエルフ(Elf)・騎士(Knight)クリーチャー・トークンを1体生成する。
・アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。


召集を持ち、エンチャント/アーティファクト破壊騎士トークン生成モードを選べるソーサリー

メインデッキから採用できる置物対策カード対戦相手がエンチャントやアーティファクトを使用していなくてもクリーチャーとして唱えられるので腐ることがない。

登場時点のスタンダードには再利用の賢者/Reclamation Sageのほか、打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon秋の騎士/Knight of Autumnといった競合するライバルも多い。これは唯一召集を持つ点で差別化したい。

リミテッドでは普通にクリーチャーとして唱えてもよいし、強化疑似除去オーラを剥がす、ギルドパクトの大剣/Glaive of the Guildpact割るといった用途もあるのでメインデッキから採用しても問題ないだろう。ただ、ゴルガリカラーでは宿根の数を稼げないのが気になるかもしれない。

[編集] 参考

QR Code.gif