船殻破り/Hullbreacher

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hullbreacher / 船殻破り (2)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) 海賊(Pirate)

瞬速
対戦相手が、自分の各ドロー・ステップ内で初めて引くカード以外のカードを1枚引くなら、代わりに、あなたは宝物(Treasure)トークンを1つ生成する。(それは、「(T),このアーティファクトを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つアーティファクトである。)

3/2

対戦相手の通常のドロー以外のドローをこちらの宝物置換してしまうマーフォーク海賊

に時折現れる、概念泥棒/Notion Thiefの系譜に連なるクリーチャーの一つ。基本的な使用方法はそちらと同様であり、対戦相手が得るはずだったハンド・アドバンテージをかき消しながら自分だけはマナ加速によって大きく優位を得ることができる。直接ドローできた概念泥棒とは異なり、宝物自体は直接的なアドバンテージにはならないものの、瞬速による奇襲性は健在であるばかりか、を含めマナ・コスト軽くなり、マナレシオも向上した。総合的にはそちらと比べても勝るとも劣らない性能と言えるだろう。

統率者レジェンズのカードであることからも明白だが、統率者戦のような多人数戦では一層強力に働く。統率者レジェンズにはアーティファクト関連のシナジーも豊富に用意されているため、それらと併用するのにも向く。当然ながら対戦相手から大きくヘイトを買うことになりかねないため、生成した宝物を活かしてうまく防御を固めたいところ。

エターナルでも青が絡む様々なデッキに採用されている。環境柄軽量ドローが使われるシーンが多いため効果が有効に働く場面が多く、色拘束が薄く点数で見たマナコストも及第点と、高速環境でも十分プレイアブルなコストで使えることがその理由。特にレガシーでは、極めて採用率の高い渦まく知識/Brainstormを「自分の手札2枚をライブラリートップに戻す(そして対戦相手に3つの宝物を与える)」という使用者にとって致命的なカードに変えてしまえるのも大きい。ナーセット・エコーでは覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veilsの代わりや追加として採用される。除去には弱くなるが、シングルシンボルであるため2マナランドとの噛み合わせが良い。

[編集] 参考

QR Code.gif