自然の詠唱/Nature's Chant

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
[[解呪/Disenchant]]と[[帰化/Naturalize]]の[[混成カード|ハイブリッド]][[カード]]。
 
[[解呪/Disenchant]]と[[帰化/Naturalize]]の[[混成カード|ハイブリッド]][[カード]]。
  
[[効果]]や使い勝手は上記2種と一切変わりなく、[[モダン]]でも両方使えるため[[環境]]に与えるインパクトは大きくはない。違いは[[多色]]であるということのみなので、それを活かして上手く使いたい。この手の[[カード]]は[[サイドボード]]に採用されることが多く、[[きらめく願い/Glittering Wish]]を使う[[ジェスカイの隆盛コンボ]]等の[[ウィッシュボード]]にはうってつけだろう。
+
違いは[[マナ・コスト]]のみで[[効果]]は上記2種と一切変わりなく、[[モダン]]でも両方使えるため[[環境]]に与えるインパクトは大きくはない。[[多色]]である点を活かして上手く使いたい。この手の[[カード]]は[[サイドボード]]に採用されることが多く、[[きらめく願い/Glittering Wish]]を使う[[ジェスカイの隆盛コンボ]]等の[[ウィッシュボード]]にはうってつけだろう。
  
 
[[色拘束]]が緩くなったため[[上位互換]]と言いたいところだが、[[プロテクション]]や[[色対策カード]]等の存在からそうとは言えない。[[白]]か[[緑]]のどちらかしか含まない[[デッキ]]なら素直に解呪か帰化を使う方が良い場合も。ましてや緑には[[自然への回帰/Return to Nature]]もある。
 
[[色拘束]]が緩くなったため[[上位互換]]と言いたいところだが、[[プロテクション]]や[[色対策カード]]等の存在からそうとは言えない。[[白]]か[[緑]]のどちらかしか含まない[[デッキ]]なら素直に解呪か帰化を使う方が良い場合も。ましてや緑には[[自然への回帰/Return to Nature]]もある。
 
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:モダンホライゾン]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:モダンホライゾン]] - [[コモン]]

2019年6月15日 (土) 00:19時点における最新版


Nature's Chant / 自然の詠唱 (1)(緑/白)
インスタント

アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。


解呪/Disenchant帰化/Naturalizeハイブリッドカード

違いはマナ・コストのみで効果は上記2種と一切変わりなく、モダンでも両方使えるため環境に与えるインパクトは大きくはない。多色である点を活かして上手く使いたい。この手のカードサイドボードに採用されることが多く、きらめく願い/Glittering Wishを使うジェスカイの隆盛コンボ等のウィッシュボードにはうってつけだろう。

色拘束が緩くなったため上位互換と言いたいところだが、プロテクション色対策カード等の存在からそうとは言えない。のどちらかしか含まないデッキなら素直に解呪か帰化を使う方が良い場合も。ましてや緑には自然への回帰/Return to Natureもある。

[編集] 参考

QR Code.gif