老いたるランド・ワーム/Elder Land Wurm

提供:MTG Wiki

2018年6月15日 (金) 09:05時点における210.227.41.140 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Elder Land Wurm / 老いたるランド・ワーム (4)(白)(白)(白)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon) ワーム(Wurm)

防衛、トランプル
老いたるランド・ワームがブロックしたとき、それは防衛を失う。(この能力はターン終了時に終わらない。)

5/5

には珍しいトランプルを持つ大型クリーチャー防衛を持っているが、一度ブロックに参加することで防衛を失い、攻撃できるようになる。

マナ加速に乏しい白にとって、トリプルシンボルの7マナというマナ・コスト支払うのは非常に困難。防衛を失わせる条件も厳しく、仮に攻撃可能になったとしても、決して一撃で勝負を決めるほどの力は無い。これが再録された第4版期までなら4/4サイズを超える白クリーチャー現し身/Personal Incarnationアクロンの軍団兵/Akron Legionnaireくらいであったが、永遠のドラゴン/Eternal Dragon怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrathなど実戦的な白の大型クリーチャーも増えている現状では使いにくさばかりが目立つカードとなっている。

[編集] 関連カード

[編集] 亜種

条件を満たさなければ攻撃に参加できない白のクリーチャーはこれ以降いくつか登場している。

[編集] ストーリー

老いたるランド・ワーム/Elder Land Wurmは、エルダー・ドラゴン/Elder Dragon同士の戦争巨竜戦争/Dragon Warで、地面に叩き落とされ資格を剥奪されて、二度と空を飛べなくなったエルダー・ドラゴンである(イラスト)。つまりカード名の「老いたる/Elder」とは「エルダー・ドラゴン」を指すと考えられる。

ドラゴンの翼や四肢を奪われた老いたるランド・ワームの何世代も後の末裔がマジック世界のワームである。

小説JohanJeditでは、老いたるランド・ワームがかつてはドラゴンであったという伝説に関して幾ばくかの言及がある。

小説Assassin's Bladeでは、マダラ帝国/Madaran Empireの支配に反抗するArgentiの使者の役目を、老いたるランド・ワームが担った。この作品ではドラゴンとの関係性についての言及はされていない。

[編集] 参考

QR Code.gif