置物

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
7行: 7行:
 
本項では1について解説する。
 
本項では1について解説する。
  
通常、パーマネントは何らかの[[能力]]や、[[クリーチャー]]であれば最低限[[P/T]]があるため、まったく何の意味も持たないパーマネントというものはあり得ない。しかし、ゲームの状況によってはあるパーマネントが戦場に存在していてもまったく意味をなさなくなることがあり、そう言ったときにそのパーマネントが「置物である」といった風に用いられる。
+
通常、パーマネントは何らかの[[能力]]や、[[クリーチャー]]であれば最低限[[P/T]]があるため、まったく何の意味も持たないパーマネントというものはあり得ない。しかし[[疑似除去]]されたり[[起動コスト]]となる[[カウンター (目印)|カウンター]]を使い切るなど、[[ゲーム]]の状況によってはあるパーマネントが戦場に存在していてもそれ単体ではまったく意味をなさなくなることがあり、そういったときにそのパーマネントが「置物である」といった風に用いられる。
 +
 
 +
[[胆液の水源/Ichor Wellspring]]のように、パーマネントとしては何もしないが[[戦場に出る]]ときや[[戦場を離れる]]ときに意味のある[[カード]]も存在する。
 +
 
 +
あるいは[[生け贄に捧げる]]ためだけに戦場に出す[[置き]]パーマネントも。
  
 
*最初から置物としてデザインされているのは[[ダークスティールの秘宝/Darksteel Relic]]くらい。
 
*最初から置物としてデザインされているのは[[ダークスティールの秘宝/Darksteel Relic]]くらい。
13行: 17行:
  
 
==参考==
 
==参考==
 +
*[[置き]]
 +
*[[置く]]
 
*[[用語集]]
 
*[[用語集]]

2021年11月23日 (火) 16:45時点における最新版

置物とは、

  1. ゲームに影響を及ぼすことがないパーマネント(狭義にはアーティファクトおよびエンチャント)の通称。
  2. 戦場にあるアーティファクトおよびエンチャントの通称。

本項では1について解説する。

通常、パーマネントは何らかの能力や、クリーチャーであれば最低限P/Tがあるため、まったく何の意味も持たないパーマネントというものはあり得ない。しかし疑似除去されたり起動コストとなるカウンターを使い切るなど、ゲームの状況によってはあるパーマネントが戦場に存在していてもそれ単体ではまったく意味をなさなくなることがあり、そういったときにそのパーマネントが「置物である」といった風に用いられる。

胆液の水源/Ichor Wellspringのように、パーマネントとしては何もしないが戦場に出るときや戦場を離れるときに意味のあるカードも存在する。

あるいは生け贄に捧げるためだけに戦場に出す置きパーマネントも。

[編集] 参考

QR Code.gif