総動員地区/Mobilized District

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mobilized District / 総動員地区
土地

(T):(◇)を加える。
(4):ターン終了時まで、総動員地区は警戒を持つ3/3の市民(Citizen)クリーチャーになる。これは土地でもある。この能力を起動するためのコストは、あなたがコントロールしている伝説のクリーチャーやプレインズウォーカー1体につき(1)少なくなる。


3/3警戒市民になるミシュラランド伝説のクリーチャープレインズウォーカーの数に応じて起動コスト軽くなる。

3/3警戒という性能自体はそこそこ程度であるが、コスト低減効果によって起動コストが0マナまで軽くなる可能性を秘めており、一切のテンポ損なく攻守に渡って活躍できると強力。

一方で伝説のクリーチャーやプレインズウォーカーをある程度並べていく必要があるため、デッキ構築にやや気を使う。強力なそれらのカードは色拘束が強めになりがちなため、無色マナしか生み出せない点がネックになりやすい。灯争大戦ではシングルシンボル単色混成マナのプレインズウォーカーが多数登場しているので、それらとの組み合わせを検討したい。

プレインズウォーカー・コントロールのようなデッキに向いてはいるが、突き詰めすぎると「強力なフィニッシャーが4枚並んでいる状況ならミシュラランドを使うまでもなく勝てる」という本末転倒になりかねないのが難点か。0マナ起動にこだわりすぎず、例えば樹上の村/Treetop Villageと比較して2マナ程度でもマナレシオとしては合格点と割り切る使い方も視野に入れたい。

登場時のスタンダードではアゾリウス・フレンズで採用される。多数のプレインズウォーカーと迷い子、フブルスプ/Fblthp, the Lostの存在により、0マナ起動も難しくない。

時として、人が手にできる最強の武器は、もう一人の手である。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif