組立作業員

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

組立作業員/Assembly-Workerとはクリーチャー・タイプの1つ。


Assembly-Worker / 組立作業員 (3)
アーティファクト クリーチャー — 組立作業員(Assembly-Worker)

(T):組立作業員(Assembly-Worker)クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

2/2


Self-Assembler / 自己組立機械 (5)
アーティファクト クリーチャー — 組立作業員(Assembly-Worker)

自己組立機械が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから組立作業員(Assembly-Worker)クリーチャー・カード1枚を探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後、ライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。

4/4


Mishra's Self-Replicator / ミシュラの自己複製機械 (5)
アーティファクト クリーチャー — 組立作業員(Assembly-Worker)

あなたが歴史的な呪文を唱えるたび、あなたは(1)を支払ってもよい。そうしたなら、ミシュラの自己複製機械のコピーであるトークンを1体生成する。(歴史的とは、アーティファクトと伝説と英雄譚(Saga)のことである。)

2/2

初出はアンティキティーミシュラの工廠/Mishra's Factoryクリーチャー化した時に得るサブタイプ。10年以上時を経て時のらせんクリーチャーカードとして組立作業員/Assembly-Workerトークン生産カードとしてウルザの工廠/Urza's Factoryが登場し注目を浴びた。懐古セット限定の特例的再登場かと思われたが、さらに約10年を経たカラデシュで新種が登場、その後の霊気紛争ドミナリアにも登場しており、少数ながら扱われることになったようだ。

有色アーティファクトである電結の試作機/Arcbound Prototypeを除き、すべて無色アーティファクト・クリーチャーである。組立作業員の強化、組立作業員のサーチコピー生成など、同型機で互いに修理・補完し合うイメージの能力を持たされている。

  • クリーチャー・タイプは1単語で表現するのが現在は普通だが、組立作業員は例外的に2単語をむりやりくっつけている。また、カード名である「組立作業員/Assembly-Worker」もまた同様にハイフンでつながれた1単語であるため、ウルザの工廠の組立作業員(Assembly-Worker)・トークンはカードである「組立作業員/Assembly-Worker」と同一の名前を持っている。

[編集] 参考

QR Code.gif