素出し

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
'''素出し'''[すだし] (''Hardcast''/''Hard Cast'')とは、本来、別の[[呪文]]や[[能力]]・[[代替コスト]]で[[戦場に出す]]予定の[[パーマネント]](おもに[[クリーチャー]])を、正規の[[マナ・コスト]]を[[支払う|支払って]]出すこと。
+
'''素出し'''[すだし] (''Hardcast''/''Hard Cast'')とは
  
*例:
+
#本来、別の[[呪文]]や[[能力]]・[[代替コスト]]で[[戦場に出す]]予定の[[パーマネント]](おもに[[クリーチャー]])を、正規の[[マナ・コスト]]を[[支払う|支払って]]出すこと。
**[[リアニメイト]]呪文を[[引く]]前に[[マナ]]が溜まり、リアニメイト用のクリーチャーを引いたのでそのまま[[唱える|唱えた]]。
+
#:例:
**[[歯と爪/Tooth and Nail]]を引く前に11マナたまったので[[ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus]]を11マナで唱えた。
+
#:*[[リアニメイト]]呪文を[[引く]]前に[[マナ]]が溜まり、リアニメイト用のクリーチャーを[[引く|引いた]]のでそのまま[[唱える|唱えた]]。
**[[戦場]]にクリーチャーがいないので、[[忍術]]を使わずに[[忍者]]を唱えた。
+
#:*[[歯と爪/Tooth and Nail]]を引く前に11マナ溜まったので[[ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus]]を11マナで唱えた。
 
+
#:*[[戦場]]にクリーチャーがいないので、[[忍術]]を使わずに[[忍者]]を唱えた。
上記以外の用法として次のようなものがある。
+
 
#選択式の[[追加コスト]]を持つクリーチャー呪文を、追加コストを支払わずに[[唱える]]こと。特に[[キッカー]]呪文などに使われる。
 
#選択式の[[追加コスト]]を持つクリーチャー呪文を、追加コストを支払わずに[[唱える]]こと。特に[[キッカー]]呪文などに使われる。
 
#[[変異誘発型能力]]を持つ[[クリーチャー]]を表向きで唱えること。
 
#[[変異誘発型能力]]を持つ[[クリーチャー]]を表向きで唱えること。
#[[187クリーチャー]][[ETB]]能力の対象がいないまま出すこと。
+
#[[ETB]]能力の[[対象]]がいないままパーマネントを出すこと。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[用語集]]
 
*[[用語集]]
 
*[[生撃ち]]
 
*[[生撃ち]]

2021年11月28日 (日) 08:52時点における最新版

素出し[すだし] (Hardcast/Hard Cast)とは

  1. 本来、別の呪文能力代替コスト戦場に出す予定のパーマネント(おもにクリーチャー)を、正規のマナ・コスト支払って出すこと。
    例:
  2. 選択式の追加コストを持つクリーチャー呪文を、追加コストを支払わずに唱えること。特にキッカー呪文などに使われる。
  3. 変異誘発型能力を持つクリーチャーを表向きで唱えること。
  4. ETB能力の対象がいないままパーマネントを出すこと。

[編集] 参考

QR Code.gif