突然の置換/Sudden Substitution

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Sudden Substitution}}
 
{{#card:Sudden Substitution}}
  
[[時のらせんブロック]]以来の[[刹那]][[呪文]]。[[スタック]]の[[クリーチャー]]でない[[呪文]]と[[戦場]]のクリーチャーの[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]を[[交換]]してしまうかなり変則的な呪文。
+
[[統率者2019]]で登場した、[[時のらせんブロック]]以来となる[[刹那]][[呪文]]。[[スタック]]の[[クリーチャー]]でない[[呪文]]と[[戦場]]のクリーチャーの[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]を[[交換]]してしまう。
  
その変則さ故に扱いが難しいが、うまく使えばしっかりと[[アドバンテージ]]を獲得できる。
+
[[対戦相手]]の呪文を奪う用途で使う場合、クリーチャーを差し出さなければならなくなった代わりに[[軽い|軽く]]なった[[霊気奪い/Aethersnatch]]といったところ。クリーチャーを失うものの、単純な[[アドバンテージ]]面では2:2[[カード・アドバンテージ#交換|交換]]で損はなく、[[重い|重く]]強力な[[パーマネント]]を奪うことができれば単純枚数以上の優位を得られる。1/1[[トークン]]などの奪われても痛くないクリーチャーを用意しておきたい。
自分のいらないクリーチャーと引き換えに、[[対戦相手]]の[[除去]]を奪って除去し返したり、強力な[[アーティファクト]][[プレインズウォーカー]]等を自分の場に定着させることができる。
+
 
 +
対戦相手のクリーチャーを奪う用途で使う場合、別の呪文を[[唱える|唱えた]]上でさらにこれを唱えなければならないため、[[支配魔法/Control Magic]]などの単純なコントロール奪取呪文と比べてかなり面倒。しかし、[[インスタント・タイミング]]で奪える上に刹那付きで妨害が難しいという独特の利点がある。また、[[モード]]のように呪文を奪う用途と使い分けが可能である事自体が一つの長所と言ってよく、こちらの用途で役に立つこともあるだろう。[[無垢の血/Innocent Blood]]のような、軽く、[[コントローラー]]が変わっても結果に影響が出ない呪文と併用できるとベスト。
 +
 
 +
例によって、強烈な[[ペナルティ能力]]を持つクリーチャーや呪文を押し付ける使い方も可能。特に呪文を押し付けることが可能なカードはほとんど存在しないため、かなり画期的な一枚と言える。[[契約]][[サイクル]]を押し付けることで、[[色]]の合わない相手を瞬殺できる[[コンボ]]となるため、[[エターナル]]ではそれを目当てに採用されることがある。
 +
 
 +
[[統率者戦]]などの[[無差別戦]]の[[多人数戦]]では、自分以外のプレイヤー同士のクリーチャーや呪文を交換する使い方も有効。[[ヘイト]]管理や政治的駆け引きなど、[[2人対戦]]時とはまた違った用途に利用でき、奥深い。
  
また、自分の[[デメリット]]のある呪文を対戦相手に押し付ける使い方も可能。特に[[契約]][[サイクル]]は、色の合わない相手を瞬殺できる[[コンボ]]となるため、[[レガシー]]以下の[[環境]]で散見される。
 
 
*戦場とスタックの[[オブジェクト]]のコントロールを交換してしまう[[カード]]としては[[厄介なキマイラ/Perplexing Chimera]]という前例がある。
 
*戦場とスタックの[[オブジェクト]]のコントロールを交換してしまう[[カード]]としては[[厄介なキマイラ/Perplexing Chimera]]という前例がある。
  

2020年3月26日 (木) 23:30時点における最新版


Sudden Substitution / 突然の置換 (2)(青)(青)
インスタント

刹那(この呪文がスタック上にあるかぎり、プレイヤーは呪文を唱えられず、マナ能力でない起動型能力を起動できない。)
クリーチャーでない呪文1つとクリーチャー1体を対象とし、それらのコントロールを交換する。その後、その呪文のコントローラーはそれの新しい対象を選んでもよい。


統率者2019で登場した、時のらせんブロック以来となる刹那呪文スタッククリーチャーでない呪文戦場のクリーチャーのコントロール交換してしまう。

対戦相手の呪文を奪う用途で使う場合、クリーチャーを差し出さなければならなくなった代わりに軽くなった霊気奪い/Aethersnatchといったところ。クリーチャーを失うものの、単純なアドバンテージ面では2:2交換で損はなく、重く強力なパーマネントを奪うことができれば単純枚数以上の優位を得られる。1/1トークンなどの奪われても痛くないクリーチャーを用意しておきたい。

対戦相手のクリーチャーを奪う用途で使う場合、別の呪文を唱えた上でさらにこれを唱えなければならないため、支配魔法/Control Magicなどの単純なコントロール奪取呪文と比べてかなり面倒。しかし、インスタント・タイミングで奪える上に刹那付きで妨害が難しいという独特の利点がある。また、モードのように呪文を奪う用途と使い分けが可能である事自体が一つの長所と言ってよく、こちらの用途で役に立つこともあるだろう。無垢の血/Innocent Bloodのような、軽く、コントローラーが変わっても結果に影響が出ない呪文と併用できるとベスト。

例によって、強烈なペナルティ能力を持つクリーチャーや呪文を押し付ける使い方も可能。特に呪文を押し付けることが可能なカードはほとんど存在しないため、かなり画期的な一枚と言える。契約サイクルを押し付けることで、の合わない相手を瞬殺できるコンボとなるため、エターナルではそれを目当てに採用されることがある。

統率者戦などの無差別戦多人数戦では、自分以外のプレイヤー同士のクリーチャーや呪文を交換する使い方も有効。ヘイト管理や政治的駆け引きなど、2人対戦時とはまた違った用途に利用でき、奥深い。

[編集] ルール

  • 解決時にどちらかの対象不正な対象になっていたならば、交換は発生しない。どちらも同じプレイヤーにコントロールされていた場合も交換は発生しない。
  • クリーチャーでない呪文の対象のみ適正な場合、交換は発生しないが呪文のコントローラー新しい対象を選んでもよい。
  • 呪文もクリーチャーも領域は移動しない。コントローラーが変更されるだけである。
  • これによりパーマネント呪文を交換した場合、それがなるパーマネントは新しいコントローラーのコントロールの下で出る。
    • ただし、その本来のコントローラーはその呪文をスタックに置いたプレイヤーという扱いになる(CR:110.2b)。多人数戦であなたがゲーム敗北した場合、そのパーマネントは本来のコントローラーの下に戻る(CR:800.4a)。
  • コントロールの交換後、クリーチャーでない呪文の解決前にコントロールを得たプレイヤーがゲームに敗北した場合、そのコントロールは本来のコントローラーの下に戻る。ただし、新しい対象を選び直すことはできない。

[編集] 参考

QR Code.gif