突撃の地鳴り/Seismic Assault

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
17行: 17行:
 
*[[カード個別評価:第8版]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:第8版]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:第7版]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:第7版]] - [[レア]]
 +
*[[カード個別評価:アルティメットマスターズ]] - [[レア]]

2018年11月23日 (金) 18:30時点における最新版


Seismic Assault / 突撃の地鳴り (赤)(赤)(赤)
エンチャント

土地カードを1枚捨てる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。突撃の地鳴りはそれに2点のダメージを与える。


大地の刃/Land's Edgeのリメイク版。トリプルシンボルになり色拘束がかなりきつくなったが、その分ワールドではない、オールプレイ能力ではない、クリーチャー対象に取れるようになった、などの進化点が見られる。また、捨てられるカード土地のみになったので共鳴者として使う事はできない。

かなり別物のカードに進化しているが、根本的な「手札の土地が0マナショック/Shockに変わる」という点は変わっていないので、色拘束さえ気にしなければ元祖と同じ感覚で使っても問題は無い。

土地カードを回収する手段があると、エンドカードにもなり得る。特に有名なのが壌土からの生命/Life from the Loamとのコンボであり、CALアグロロームで活躍した。他にも、交易路/Trade Routesも相性が良い。

単純に大量ドロー手段と組み合わせるのも強力。ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargainと組み合わせたアサルトバーゲンブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argollと組み合わせたスワンアサルトおよび続唱スワンむかつき/Ad Nauseamと組み合わせたむかつきなどが主な例。

[編集] 参考

QR Code.gif