秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jace, Unraveler of Secrets / 秘密の解明者、ジェイス (3)(青)(青)
プレインズウォーカー — ジェイス(Jace)

[+1]:占術1を行い、その後カードを1枚引く。
[-2]:クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
[-8]:あなたは「対戦相手1人が各ターンの自分の1つ目の呪文を唱えるたび、その呪文を打ち消す。」を持つ紋章を得る。

5

イニストラードを覆う影で登場した7枚目のジェイス忠誠度能力ドローバウンスカウンターの基本戦術3種。

+1能力
選択/Opt
確実にアドバンテージを得られる上に、占術によりその質もある程度高めることができる。このカードの主軸となる能力。
-2能力
送還/Unsummon
擬似除去であるため足止めにしかならず、脅威に対しての根本的な解決にはならないが、初期忠誠度から2連打できるのは心強い。危険なクリーチャーをバウンスし、返しのターンでカウンターという動きを期待できる。
-8能力
各ターンの対戦相手の1つ目の呪文をカウンターする紋章を得る。相手は唱えたい呪文のために別の呪文を用意する必要が発生し、動きが極端に悪くなる。
打ち消し能力の常として、-2能力のバウンスとも相性が良い。
手札破壊で相手の手札を縛ってやれば、ソフトロックに近い状況に持ち込む事が可能。しかし能力によって呪文を唱えることなくパーマネントを戦場に出す事は可能であり、既に戦場に出ているパーマネントについては何もしないので、それらは別の手段で排除してやりたい。

5マナとやや重いものの、3種の能力はどれも実用性・汎用性が高く、彼我のデッキタイプを選ばず運用できる点が魅力。登場直後のスタンダードでは非常に強力なジェイスであるヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigyと併用しづらいため採用されることは稀だったが、ローテーションマジック・オリジンが落ちて以降は、青絡みのコントロールデッキで採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

かつてエルドラージ/Eldraziを封印したプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人ソリン/Sorinを探してソリンの故郷イニストラード/Innistradを訪れたジェイス。そこでアヴァシン/Avacynの狂気を目撃し、その理由を調査する。

詳細はジェイス・ベレレン/Jace Beleren (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

  1. The July 10, 2017 Update(Daily Magic Update 2017年6月10日)
QR Code.gif