硬鎧の大群/Scute Swarm

提供:MTG Wiki

2020年12月10日 (木) 21:26時点における180.43.42.217 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Scute Swarm / 硬鎧の大群 (2)(緑)
クリーチャー — 昆虫(Insect)

上陸 ― 土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、緑の1/1の昆虫(Insect)クリーチャー・トークンを1体生成する。あなたが土地を6つ以上コントロールしているなら、代わりに硬鎧の大群のコピーであるトークンを1体生成する。

1/1

上陸達成で1/1の昆虫トークンを、土地を6枚以上コントロールしていれば代わりに自身のコピー・トークンを生成するクリーチャー。妨害がなければ2,4,8,16,32体~と倍々で数が増えていくため、フェッチランドや土地を戦場に出す呪文を併用すれば、わずか数ターンで数百体のクリーチャーで戦場を埋め尽くす事も容易。

条件達成前ならば時間稼ぎのブロッカーや生け贄用途に、達成後は一気にフィニッシャーへと、この手のカードにしては珍しく、条件を達成していなくともある程度の仕事をしてくれる。また、上陸の条件である土地プレイスタックに積まれないため、土地をプレイする権利が残っていた場合、単体除去1枚では対処がしづらい点も非常に厄介。

そのままでは1/1バニラのクリーチャーが増殖するだけだが、変容をしていた場合は変容後のクリーチャーのコピーが増殖していくため、特に土地を戦場に出せる渡る大角/Migratory Greathornとは相性が非常によい。

スタンダードでは土地を高速で展開していく各種上陸デッキや、ランプ系デッキでブロッカー兼フィニッシャーとして採用されている。

  • 倍々で非常に大量のスタックが処理されるため、MTGアリーナでは警告が表示されたり、処理に大きな負荷が掛かりやすい点は注意が必要。特にミラーマッチなどでは戦闘ブロック指定が制限時間内に指定しきれないなどの問題も発生し得る。
    • サーバー処理負荷が大きく、他のプレイヤーのマッチにも影響を与えていたためにMTGアリーナでのトークン生成数に制限をかける要因となった。
「生き残りの法則 781:硬鎧虫はいつでももっといる。」
ゴブリンの近道抜け、ザーディ

「生き残りの法則 782:硬鎧虫はいつもいつももっといる。」
ゴブリンの近道抜け、ザーディ

(出典:硬鎧の大群/Scute Swarm)

[編集] 参考

QR Code.gif