砂時計の侍臣/Vizier of Tumbling Sands

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(パイオニアについて加筆)
 
6行: 6行:
  
 
[[スタンダード]]では[[新たな視点]]で採用されている。[[新たな視点/New Perspectives]]の存在下では「[[手札]]を減らさずに1マナを生む[[カード]]」となり、[[奇妙な森/Weirding Wood]]があれば「手札を減らさずに2マナを生むカード」となる。このカードを[[ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald]]も駆使して手札に集め、[[葬送の影/Shadow of the Grave]]で使い回して膨大なマナを得るのが同[[デッキ]]の基本の動き。
 
[[スタンダード]]では[[新たな視点]]で採用されている。[[新たな視点/New Perspectives]]の存在下では「[[手札]]を減らさずに1マナを生む[[カード]]」となり、[[奇妙な森/Weirding Wood]]があれば「手札を減らさずに2マナを生むカード」となる。このカードを[[ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald]]も駆使して手札に集め、[[葬送の影/Shadow of the Grave]]で使い回して膨大なマナを得るのが同[[デッキ]]の基本の動き。
 +
 +
[[パイオニア]]では、[[睡蓮の原野/Lotus Field]]をアンタップしながらドローを進められるということで[[睡蓮の原野コンボ]]に採用される。
  
 
*日本語版の[[フレイバー・テキスト]]は[[誤訳/名訳|誤訳]]。正しい訳は「時の流れは[[アモンケット/Amonkhet#ルクサ川/The Luxa River|ルクサ川]]のようなものだ。一方向にしか流れないが、その向きを変えることはできる。」といったところ。
 
*日本語版の[[フレイバー・テキスト]]は[[誤訳/名訳|誤訳]]。正しい訳は「時の流れは[[アモンケット/Amonkhet#ルクサ川/The Luxa River|ルクサ川]]のようなものだ。一方向にしか流れないが、その向きを変えることはできる。」といったところ。

2019年12月3日 (火) 19:18時点における最新版


Vizier of Tumbling Sands / 砂時計の侍臣 (2)(青)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

(T):他のパーマネント1つを対象とし、それをアンタップする。
サイクリング(1)(青)((1)(青),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
あなたが砂時計の侍臣をサイクリングしたとき、パーマネント1つを対象とし、それをアンタップする。

1/3

パーマネントアンタップを行うタップ能力を持つ人間クレリックサイクリング付きで、サイクリング誘発型能力でもパーマネントをアンタップすることができる。

3マナ1/3とマナレシオは良くないが、タップ能力は他のクリーチャーに擬似的に警戒を付与したり、土地を起こしてマナ加速したりと用途が広い。特に督励持ちとのシナジーは優秀。サイクリングした場合の性能は再集中/Refocusに近く、対戦相手攻撃クリーチャー指定後に奇襲的にブロッカーを立てるコンバット・トリックとして機能する。

スタンダードでは新たな視点で採用されている。新たな視点/New Perspectivesの存在下では「手札を減らさずに1マナを生むカード」となり、奇妙な森/Weirding Woodがあれば「手札を減らさずに2マナを生むカード」となる。このカードをウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwaldも駆使して手札に集め、葬送の影/Shadow of the Graveで使い回して膨大なマナを得るのが同デッキの基本の動き。

パイオニアでは、睡蓮の原野/Lotus Fieldをアンタップしながらドローを進められるということで睡蓮の原野コンボに採用される。

"Time is like the Luxa River―though it flows in one direction, it can be diverted."
「時の流れはルクサ川のようなものだが、川と違い時間は逆転できる。」

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アモンケットの、サイクリング誘発型能力を持つアンコモンカードサイクル新たな信仰/Renewed Faithのみ再録

[編集] 参考

QR Code.gif